とんかつ鈴新(すずしん)は、とんかつの名店ですがテレビ「世界ニッポン行きたい人応援団」で紹介され、とんかつを愛するスペイン夫婦にカツ丼などの作り方を伝授したそうです。
そこで、とんかつ鈴新のお店の場所や料金は?おすすめメニューや評判は?という内容でまとめてみました。
とんかつ鈴新についてご紹介します。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆とんかつ鈴新とは

とんかつ鈴新

http://sonouchi.jp/g-yotsuya/2016/04/



とんかつ鈴新店主

http://sonouchi.jp/g-yotsuya/2016/04/



とんかつ鈴新の始まりは、昭和22年です。

大衆食堂として開業し、ラーメーン、コロッケなど何でもあったそうです。

毎日200個以上のコロッケを作っていたそうですね。

その後、昭和33年にとんかつ鈴新が荒木町に誕生しますが、平成15年に現在地に移転したそうです。

創業70年のとんかつ鈴新には様々なメディアの取材を受けているとんかつの名店が「とんかつ鈴新」です。

◆とんかつ鈴新のメニューと料金

<かつ丼3兄弟>

とんかつ鈴新の名物は「かつ丼三兄弟」です。
ぜひ、かつ丼をオススメします。


長男・煮かつ丼
次男・かけかつ丼
三男・おろしソースかつ重

●煮かつ丼1200円

https://tabelog.com



おなじみの定番のかつ丼が
「煮かつ丼」です。

揚げたかつを甘辛のタレと
卵とじにしたものが
「煮かつ丼」です。

●かけかつ丼1200円

とんかつ鈴新のかけかつ丼

https://tabelog.com

ご飯に揚げたかつをのせて
揚げたかつに卵とじをかけたものが
「かけかつ丼」です。

●おろしソースかつ重1200円

とんかつ鈴新のおろしソースかつ重

https://tabelog.com

ご飯の上にキャベツをのせて
揚げたかつにソースと
大根おろしを乗せたものが
「おろしソースかつ重」です。

<昼のメニュー>

とんかつ定食 1,100円
メンチかつとあじフライ定食1,100円
ヒレかつとあじフライ定食1,300円
串かつとコロッケ定食 1,300円
ロースかつ(150g)定食1,600円
ヒレかつ(120g)定食 2,000円
エビフライ定食 1,900円

<夜のメニュー>

ロースかつ(150g)定食1,600円
ヒレかつ(120g)定食2,000円
串かつ(大二本)定食1,600円
ヒレかつとあじフライ定食1,600円
エビフライ(大二本)定食1,900円
エビフライとヒレかつ定食2,200円

<お酒>

えびすビール 800円
お酒(久保田百寿)700円
南(生酒・純米中取り)900円
富乃宝山(かめ入り焼酎)800円
 

<おつまみ>

ままかりの酢漬け 500円
冷しトマト 500円
トマトフライ 500円
冷やっこ(四谷栗原)500円
真いかの丸干し 600円
氷下魚(こまい) 600円

Sponsored Links
Sponsored Links

◆とんかつ鈴新の場所

店名:とんかつ鈴新
住所:〒160-0007
   東京都新宿区荒木町10-28
   十番館ビル1F 
電話:03-3341-0768  
時間:11:30~13:30 
   17:00~20:30
  (ラストオーダー 20:00)
定休日:日曜・祝日


<地図>




◆とんかつ鈴新の評判

とんかつ鈴新の評判を集めてみました。

・細部に丁寧な仕事を感じ、温かみのある接客に安堵するお店です。

・団体に籍を譲るために移動したら、お礼にとんかつ鈴新の煎餅をもらいました。

・「カツ丼」を食べたかったわけではなく、「とんかつ鈴新のカツ丼」を頂きたくて来店しました。

・安定感ある「かけかつ丼」に加えて「鯵フライ」も美味しい。ふっくらジューシィに揚げられており、もちろん鯵の臭みは皆無。

・店内に漂うアットホームな空気は、このお二人故に作ることができたもの。それを直ぐに実感します。

・露の甘さは濃ゆいですが、くどくなくてほど良く感じました。また、卵後乗せだからサクッと & ヒタヒタの衣のツートーン食感を楽しめます。

・豚汁もポイントが高いです。豚汁の濃ゆさと具だくさんでお代わりしてしまいます。