沼田真佑(ぬまたしんすけ)さんは「影裏(えいり)」で芥川賞受賞し、佐藤正午(さとうしょうご)さんは「月の満ち欠け」で直木賞を受賞しました。
そこで、沼田真佑の影裏のあらすじや発売日は?経歴や大学と塾講師の場所は?という内容でまとめてみました。
沼田真佑さんついてご紹介したいと思います。


<関連記事>
直木賞受賞作家
佐藤正午:「月の満ち欠け」のあらすじは?経歴や高校大学は?


Sponsored Links

◆沼田真佑のプロフィール

沼田真佑

https://news.biglobe.ne.jp/
entertainment/0719/ori_170719
_8492549394.html



名前:沼田真佑
生年月日:1978年生まれ
年齢:38歳あるいは39歳
出身:北海道小樽市
居住:岩手県盛岡市在住

◆沼田真佑の経歴や大学

沼田真佑さんは父親の仕事の都合で千葉県や神奈川県で少年時代を過ごしたそうです。
その後、中学生の頃から33歳くらいまで福岡県で過ごしていたようですね。
小説は20代の頃から塾講師で働きながら書き始めたそうです。

大学は西南学院大学卒業されているそうです。
偏差値55~60くらいの大学でレベルの高い大学です。
神学部もあるキリスト教の教育のある大学です。

沼田真佑さんは大学時代から塾の講師をやっていたそうです。
新人賞を受賞した現在も盛岡市で塾講師をされているようです。

沼田真佑さんの「影裏」は今年5月に2445の応募作品から第122回文学界新人賞を受賞したデビュー作でもあります。

◆沼田真佑の塾講師の場所

沼田真佑さんは西南学院大学の学生時代から塾講師のアルバイトをされていたそうです。

現在も塾講師をされていたそうです。

福岡の西南学院大学の学生時代は英進館の塾講師だったのでしょうか。

現在は岩手県盛岡市在住だそうですが、今も塾講師をされているそうです。

Sponsored Links

◆沼田真佑の影裏のあらすじ

沼田真佑の影裏のあらすじですが、岩手県に住む医療品会社の社員と元同僚の友人男性の日常をつづった物語。岩手県の自然の中で釣りや東日本大震災をきっかけに友人の意外な一面が明らかになっていくというストーリーのようです。



医薬品を扱う企業の岩手支店に勤める30過ぎの男性である「わたし」が、

もとは同じ職場で、たびたび2人で釣りに出かけたりするほど親しかったのに、

先方が転職して以後はあるきっかけから疎遠になっていった男が、

どうやら思っていたのとはかなり異なる人間性を持っていたということを、東日本大震災をきっかけに知ることになる、

という話だが、新人にしては相当に達者な文章で綴(つづ)られる清冽(せいれつ)な風景と魅力的な釣りの描写に気を取られていると、

「わたし」の以前の恋人が性同一性障害者の元男性であることが極めてさりげなく述べられたり、

日浅というその友人の悪しき「正体」を語る実の父親が披露するエピソードが、一体どういうことなのかさっぱりわからないものだったり、

そもそも「わたし」が日浅に抱く感情がどのような類いのものなのかも定かではなくなってきて、

この小説は読み進むほどにさまざまな引っかかりを生じさせ、意外なまでの深みと広がりを獲得してゆく。

https://www.nishinippon.co.jp/feature/literary_trend_story/article/325341/

◆沼田真佑の「影裏」の発売日は

芥川賞を受賞した沼田真佑さんの「影裏」ですが、単行本はまだ発売されていないそうです。7月末に発売予定だそうですね。現在は予約受付中だそうです。




<関連記事>
直木賞受賞作家
佐藤正午:「月の満ち欠け」のあらすじは?経歴や高校大学は?