中井哲之(なかいてつゆき)監督は広島県の広陵高校野球部監督です。甲子園の常連校がベスト4進出です。
そこで中井哲之監督(広陵高校)の息子や批判とは?野球部指導方法がヤバイ!という内容でまとめてみました。
中井哲之監督とはどのような人物でしょうか。


<関連記事>
岩井隆監督:花咲徳栄監督の経歴や稲垣人司とは?野球指導法がヤバイ!
若林弘泰監督:東海大菅生監督は元中日投手!経歴や妻や指導法は?
佐々木順一朗監督:仙台育英監督の改名や不祥事は?指導法がヤバイ!
関口清治監督:盛岡大付属高校の野球部の指導方法がスゴイ!
川崎絢平監督:明豊監督の年齢やプロフィールは?野球指導の考え方
西谷浩一監督:大阪桐蔭監督の年収や体重は?スカウト術がスゴイ!
坂原秀尚監督:下関国際高校の監督野球部立て直しが感動的!
田中彗(田中聖弟):二松学舎甲子園動画やドラフトは?兄弟や家族は?




スポンサーリンク


◆広陵高等学校とは

1896年に設立された生徒数1400人超えの私立学校。

1911年に野球部が創部。

野球の部員数も170名以上の全国屈指のマンモス野球部です。

春の選抜大会3回優勝(1926年、1991年、2003年)

夏の選手権大会準優勝3回(1927年、1967年、2007年)


<主な卒業生(プロ野球選手)>
金本和憲
二岡智宏
西村健太朗
新井良太
野村祐輔
中田簾
上本崇司
有原航平
小林誠司

◆地方大会の成績

2回戦  9-3 崇徳
3回戦 10-0 祇園北
4回戦 11-0 美鈴が丘
準々決勝10-0 尾道商
準決勝  1-0 広島商
決 勝  9-5 広島新庄

◆第99回全国野球選手権大会成績

1回戦 10-6 中京大中京

広   陵 000_003_340 計10
中京大中京 002_000_013 計6


2点を追う形となった広陵は六回表、投手交代したばかりの中京大中京の香村投手を攻めて中村奨成選手の本塁打と連打で3点をとり逆転。

七回表、八回表も集中して連打で一気に引き離しました。

2回戦 6-1 秀岳館

広 陵 000_100_203 計6
秀岳館 000_010_000 計1


四回表に1点先取するもそれから追加点がなかったが、広陵は七回表から終盤に追加点を呼び込みました。

8安打されながらも大事なところでチェンジアップを投げ込み、8回1失点。

九回は平元投手から同じサウスポーの山本投手が投げて締めました。

3回戦 6-4 聖光学院

広  陵 020_002_002 計6
聖光学院 100_030_000 計4


広陵は3番中村奨成選手の4打点が光りました。

2点を追う形となった広陵は六回表、2点タイムリー打を放ち、同点に追いつきます。

九回では無死一塁、レフトに3戦連続のホームランを放ち2点追加となり勝ち越しました。

準々決勝 10-4 仙台育英

広  陵 303_000_103 計10
仙台育英 001_001_002 計 4


広陵はこの試合で15安打10得点をあげました。

初回、中村奨成選手の二塁打や暴投などで広陵は3点を先取しスタートしました。

三回と九回にも集中打などで加点していき主導権を渡しませんでした。

大会注目の中村奨成選手は準々決勝までの4試合で、18打数12安打10打点4本塁打の成績です。

準決勝 広陵 VS 天理

広 陵 200_112_303 計12
天 理 002_200_203 計9


甲子園の決勝をかけた試合では、広陵は強豪校の天理と激突しました。

試合は序盤からの激しい主導権争いでしたが、プロが注目する広陵の中村奨成選手が一回と五回にホームランを放ちました。

なんと、中村奨成選手は1985年あの清原和博選手(PL学園)の1大会5本という記録を超え、今大会で6本目となる本塁打を決めると球場が沸きました。

春夏と甲子園には会場に駆けつけるという70歳の男性は、「もはやびっくりして言葉がない。プレッシャーを感じないのでしょうか。あの子は怪物ですね。」と言うほどです。

本人の中村選手は「良い場面で打てて良かったが、記録については優勝してから喜びたい」と冷静でした。

中井達之監督は「本当によく打たれましたけど、よく打ってくれた」と笑顔でした。

決勝 広陵 VS 花咲徳栄

◆中井哲之監督のプロフィール

中井哲之監督

http://timely-web.jp/



名 前:中井哲之(なかいてつゆき)
生年月日:1962年7月6日
年 齢:55歳
高 校:広陵高校
大 学:大阪商業大学
職 業:広陵高校社会科教諭、野球部監督

◆中井哲之監督の指導法がヤバイ

●人として正しく指導

中井哲之監督は、3年間のコーチ経験を経て1990年春に27歳で広陵高校の野球部監督に就任しました。

監督に就任した中井哲之監督は、理不尽に感じていた野球部内の厳しい上下関係を緩めることから始めました。

その理由は、中井哲之監督は理不尽なことが大嫌いで「人として正しくあれ」という考えが根底にあったからです。

●人間教育の指導

中井哲之監督は人間教育に重きを置く指導をしています。

それは、選手とは一生の付き合いをしたいと考えるからこそ、普段から将来を見据えた指導を行っています。

例えば、打者については木製バットでも対応できる技術を指導します。

これは選手がプロの道や次のステージで戦えるように木製バットを使って対応できるようにという理由から打ち方を教えているようです。

●大家族として指導

中井哲之監督

http://carp-minpou.blog.jp/
archives/36697384.html



中井哲之監督は野球部は大家族だと言っています。

中井哲之監督が父親、監督夫人(監督嫁)が母親、選手達は息子です。

あるインタビューでも、中井哲之監督は「選手たちは本気で自分の子どもと思っている」と言っていました。

このように家族のようなチーム作りをしてきたために、中井哲之監督は次のように言っています。

「嫌われても気にしないし、言いたいことを言い、当たり前のことを当たり前に言っていく。
いつも心は裸でぶつかっていきます。だって家族ですから。」

家族だと思うからこそ、本気で怒り、本気で笑い、本気で一緒に泣くそうです。

だからこそ、プロになった選手も含めOBが頻繁に広陵高校のグラウンドに現れます。

中井哲之監督はOBのことを「大きなお兄ちゃん」と呼んでいます。

●考えさせる野球の指導

中井哲之監督は「ノーサイン野球」をしています。

ノーサイン野球とは、選手自らその場の状況を見て考えてプレーできるようにあえてサインを出さない野球です。

中井哲之監督は選手が指示待ちではなく、1人1人が主体的に行動できるよう考えさせて判断できるように指導していました。

これによって、強力なチームが生まれています。





中井哲之監督の野球指導方法は人として世の中に必要とされる人物になれるように指導しています。

つまり、野球を通じて社会人としても通用するように未来を見すえた愛のある人づくり教育でした。

広陵高校が甲子園常連校である強さの理由がここに見いだせるような気がします。



スポンサーリンク


◆中井哲之監督の審判批判

この話は2007年夏の甲子園での佐賀北との決勝戦での出来事です。

この試合は、広陵4対0とリードしていました。

八回裏のことです。

ピッチャーの野村祐輔選手とキャッチャーの小林誠司選手のバッテリーが佐賀北打線を上手に抑えていました。

あともう少しで全国制覇です。

しかし、野村祐輔投手のストライクに見える球もボールと判定されてしまい、野村祐輔投手は押し出しで1点を失います。

その時の動画がこれです。





その後、佐賀北の副島選手に逆転満塁本塁打を打たれてしまい、広陵は負けてしまいます。

したがって、やりきれない思いの選手たちの姿を見た中井哲之監督は、試合後のコメントで審判の判定を批判しました。

「あんな判定をされると、どう対処していいのかわからない。
どこに投げたらストライクなんですかね。
あの押し出しで野村は腕が振れず真ん中に投げるしかなかった。
普段は何も言わない子供たちが『先生、たまりません』と。
負けた気がしない」
引用元http://highmoon.blog2.fc2.com/blog-entry-151.html

「言っちゃいけないことは分かっている。
でも、言わないと変わらないでしょ!?
高野連は考えてほしい。
辞めろと言われれば辞める」
引用元http://highmoon.blog2.fc2.com/blog-entry-151.html

これは高校野球の指導者としてご法度だが、自身のクビをかけてでもおかしいと口に出し、選手たちの気持ちを代弁しました。

もちろん中井哲之監督は「審判のジャッジは絶対。文句を言うな」と言ってきたそうで、選手はしっかりとその教えを守ってきました。

ただ、おかしなこと、理不尽なことが起きたときにはしっかりと伝えようと思ったのではないでしょうか。

また、家族である選手を守ったのではないでしょうか。

ここにも大家族の父親である中井哲之監督の人柄が表れているような気がします。

◆中井哲之監督の息子

中井哲之監督の息子

中井哲之監督の息子:中井惇一さん
(当時 高校3年生・主将)
http://www.hb-nippon.com/
column/gallery/437-baseballclub/
6966-20120117no55bc/photo/6



中井哲之監督には息子の中井惇一さんがいます。

その中井惇一さんは広陵高校の野球部に入部するのですが、父である中井哲之監督には相談しませんでした。




そして、中井惇一さんは入学後、気持ちの面では親子の縁を切るようになります。

監督である父を「先生」「監督」と呼ぶように。




2年生の夏に主将になり、チームを引っ張っていくようになります。

選手からの信頼が厚く、中井哲之監督が中井惇一さんをスタメンから外したとき、選手から「なぜ主将を外したのですか」と猛抗議されるぐらいだったとか。

中井哲之監督も息子の中井惇一さんには厳しかったといいます。

他の先生から「息子さんに厳しすぎませんか」と言われるほどでした。




その後、中井惇一さんの高校3年生の2012年夏、広島大会の3回戦に進み、高陽東と対戦するも3-2で負けています。

そして、中井惇一さんは大学へと進学し、今年母校の広陵高校へ保健体育の教師として帰ってきました。

中井惇一さんは広陵野球部のコーチをされているのではないでしょうか。

◆まとめ

広陵高校野球部の中井哲之監督は素晴らしい信念を持った野球指導者だと思います。

愛に満ち溢れた指導方法でいかに人格者であったか伝わってきますね。

中井哲之監督について調べれば、調べるほど、男意気のあるかっこいい監督の大ファンになってしまいました。

甲子園常連校の監督は選手に愛される監督ばかりですね。



<関連記事>
岩井隆監督:花咲徳栄監督の経歴や稲垣人司とは?野球指導法がヤバイ!
若林弘泰監督:東海大菅生監督は元中日投手!経歴や妻や指導法は?
佐々木順一朗監督:仙台育英監督の改名や不祥事は?指導法がヤバイ!
関口清治監督:盛岡大付属高校の野球部の指導方法がスゴイ!
川崎絢平監督:明豊監督の年齢やプロフィールは?野球指導の考え方
西谷浩一監督:大阪桐蔭監督の年収や体重は?スカウト術がスゴイ!
坂原秀尚監督:下関国際高校の監督野球部立て直しが感動的!
田中彗(田中聖弟):二松学舎甲子園動画やドラフトは?兄弟や家族は?