2016年はVR元年ともいわれ、三次元空間「VR」
(ヴァーチャル・リアリティ)を体験した人も多いのでは。

そのVRの1つで、何かと話題なのが「Sayaサヤ」です。



すごくないですか。
これって、写真じゃないんですよ?
CGなのです!
しかもすべて手書きだそうです。


このクオリティの高さが好評なんです。
人間のCGキャラクター政策のうち、
アジア女性が最も難しいらしいのです。


作成者は、TELYUKA(テルユカ)さんです。
詳しくはこちらに書いています。

TELYUKA(石川晃之と友香)夫妻のプロフィールと経歴は?過去作品も気になる


この3DCGキャラクターが誕生して、国内外で話題なのです。
なんと英国BBC Newsでもニュースに取り上げています!


では、
この「Sayaサヤ」のモデルとなった実物はいるのか?
今後はどう進化していくのか?
この内容で調べてみたいと思います!

Sponsored Links
Sponsored Links

■Saya(サヤ)の実物のモデルは誰?

Saya(サヤ)の制作者はTELYUKAさんです。
早速調べてみましたよ?
TELYUKAさんこと、石川晃之さん、石川友香さんが
インタビューで答えていました。

◎実在するモデルはいるのか?

友香:いいえ、存在しません。完全にオリジナル(架空)で、一番難しい日本人の女の子をつくりたかったので。その年頃ならではの可愛さや透明感をイチから創り出そうと。
出典元http://cgworld.jp/

◎TELYUKAが考えた、最高峰に可愛い女子高生が『Saya』ということか?

友香:うーん、可愛い……なんと言うか、ブリブリの可愛さにはしたくなかったんですよ。ちょっと優等生っぽいというか、わたしとしては正統派の美少女を目指しています。実は、当初は様々なデザインを試していたんですよ。
出典元http://cgworld.jp/

晃之:実際のアイドルの方々も、それぞれに特徴があるじゃないですか? その意味では、完全にオリジナルではあるけど、いろんな女の子の要素をごちゃ混ぜにした結果と言えるかもしれません。その時々で「これが良いかな?」と思った顔を造形しては、まったく別の要素を加えてみたりとか……本当に何十体も、泣きながら作りました。彼女に「可愛くない!」って、ダメ出しをされながら(笑)。
出典元http://cgworld.jp/

なんと、架空の人物でした!残念Σ(゚Д゚)




Sponsored Links
Sponsored Links

■Saya(サヤ)今後はどう進化するの?

では、今後Saya(サヤ)はどうなるのでしょうか?
TELYUKAさんがSaya(サヤ)を公表してからとても反響が大きかったそうです。

いろんな提案、コメントがきたそうですよ。

・写真集をだしませんか?
・広告に起用させたいのですが!
・買いたい!
・Saya(サヤ)かわいい!
・Saya(サヤ)頑張って!

これって、すごくないですか?
CGなのに、まるで生きているアイドルかのような
問い合わせです(笑)

「買いたい!」
「写真集を!」
もう、ファンになったとしか言えませんよね(笑)

でも、わかります!
このクオリティの高さですから!

最近のSaya(サヤ)ですが、少しずつ動き始めています。

それが、こちらです。

①テレビ出ていた!



②雑誌の表紙になっていた!



月刊CGWORLD vol.221(2017年1月号)、12月10日(土)発売。


③顔を動かしている!




そして、
最終的には、人工知能を搭載して動かすようです!

■Sayaニュース!

CGWORLD 221号ポスターをプレゼントだそうですよ。

◆CGWORLD 221号ポスターをプレゼント!

今号の表紙グラフィックは、第1特集で取り上げた『Saya』! 最新のバージョン2016アセットを用いて、TELYUKAさんに描き下ろしていただきました。そんな221号の販促用ポスターをご希望の方は、下記要項を確認の上、ふるってご応募ください!

応募先:CGWORLD.jp  プレゼント受付係
締切:2017年1月10日(火)(日本時間24時まで)
※件名に「CGWORLD 221号ポスタープレゼント希望」と、必ずお書きください
※本文には CGWORLD.jp へのご意見・ご感想と、郵便番号、ご住所、お名前、電話番号を併記の上、ご応募願います

※プレゼントの発送は 2017年1月中旬を予定しています(プレゼント当選者の発表は、発送をもって代えさせて頂きます
詳細はこちらをご覧ください!
出典元http://cgworld.jp/

■まとめ

これはまた、ファンができること間違いなしですね!

等身大のSaya(サヤ)が目の前に出てきたら面白いでしょうね!