こんにちは!
直木賞の受賞者が発表されましたね。
今年の直木賞受賞は 恩田陸さんです。
作品は「蜜蜂と遠雷」です。
女性ですよ。^^


知らない方のために、プロフィールと経歴を
ご紹介します。

◆恩田陸のプロフィールと経歴について

——————————————————-
名 前 :恩田陸(おんだ りく)
本 名 :熊谷奈苗(くまがい ななえ)
生年月日:1964年10月(52)
出身地 :宮城県仙台市
居住地 :東京都
職 業 :小説家
      (推理小説・ファンタジー)
——————————————————–
<小中高校生時代>
幼少期は、父親の転勤で
何度も引っ越しをして育ったそうです。


宮城県仙台市出身ですが

長野県松本市→富山県富山市→秋田県秋田市

→宮城県仙台市→茨木県水戸市

そのまま、
高校は茨木県率水戸第一高等学校に通い、

大学は早稲田大学教育学部に進学して
います。


何度も引っ越しは大変です。
それにしても子供時代の引っ越しは
なかなか落ち着かずに大変だったで
しょうが、
これも作品に生かされるのでしょうね^^


<大学生時代>
大学では、
ビッグバンドのハイソサエティー・
オーケストラに所属し、
アルト・サックスを演奏。
ワセダミステリクラブに所属
していたそうです。

以外?にも結構活発の方でしょうか。
女性がアルト・サックスを演奏する
なんてかっこいいですね!

管理人は、何にもできません!
音楽の才能ゼロですw


<大学卒業後>
生命保険会社のOL、
不動産会社勤務の経験があります。


もともと
作家になりたい夢を持っていた恩田さんは、
読んでいた小説の作家が自身の年齢と、


ほとんど変わらないことにショックを受け、
OLとして勤務しつつ作家活動を開始した
そうです。


1992年
退職後の作品は『六番目の小夜子』
第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となり、
翌年に刊行され作家デビュー。


2004年
『夜のピクニック』(新潮社)で
「第2回本屋大賞」
「第26回吉川英治文学新人賞」を受賞。


『ユージニア』(角川書店)
『蒲公英草紙 常野物語』(集英社)
『夢違』(角川書店)など、


これまで5回も「直木三十五賞」候補となり、
6度目となる今回の「「蜜蜂と遠雷」」
念願の「直木三十五賞」受賞を果たした。


何とも、作家に憧れていたとはいえ、
突然に始めていきなりのデビュー作が
すごすぎますね。
テレビドラマ化にもなっていますよ!

読んでいた小説の作家が自身の年齢と、
変わらなかったことにショックで
作家を目指すって・・・
負けず嫌いですか?

すぐ飛び込んでいく行動力もすごい
ですし、結果出してるので才能あった
ということですよね~。


Sponsored Links

◆高校や大学は?

高校は、茨城県立水戸第一高等学校
大学は、早稲田大学教育学部卒業

◆ペンネームの由来

ペンネームの「恩田」は
『やっぱり猫が好き』の恩田三姉妹と、
会社員時代の先輩の名字に由来する
そうです。

◆恩田陸さんの受賞歴は?

2004年 – 2005年
第26回吉川英治文学新人賞、
第2回本屋大賞(『夜のピクニック』)


2006年
第59回日本推理作家協会賞
(長編及び連作短編集部門)(『ユージニア』)


2007年
第20回山本周五郎賞(『中庭の出来事』)


2016年
第156回直木三十五賞(『蜜蜂と遠雷』)

受賞歴がたくさんあります。
素晴らしい!

◆直木賞を受賞した作品は?

今回、
直木賞受賞した作品は「蜜蜂と遠雷」です。



蜜蜂と遠雷[本/雑誌] / 恩田陸/著



ピアノコンクールを舞台に、
参加者たちの才能と生きる姿、
またコンクールを通して成長するさまを
描いた青春群像小説です。

浅田次郎さんのコメントです。

大きなスケールの作品を、きちんとまとめた。
音楽や才能という、大変表しづらいものを、
独自の言葉を巧みに使って多様な表現をした。
また、それらをストーリーにするのも難しいが、
上手にさばいて物語にしていた。恩田さんの力業だ。

Sponsored Links

◆おすすめの最新作品や過去作品は何?

おすすめの最新作品や過去作品をご紹介します。
これから恩田さんの作品に触れたい方は
参考にしてくださいね。

おすすめ最新作品は

『七月に流れる花』
『八月は冷たい城』



こちらは2冊同時に刊行されましたよ。
子供も大人も楽しめる、
ダークファンタジーです♪



七月に流れる花 [ 恩田 陸 ]


八月は冷たい城 [ 恩田 陸 ]

おすすめ過去作品

『六番目の小夜子』(新潮文庫)
『夜のピクニック』(新潮社)
『ユージニア』(角川書店)
『夢違』(角川書店)
『ネバーランド』(集英社)
『蒲公英草紙 常野物語』(集英社)

恩田さんの作品は本を読んでいない人も
実は・・・
知らないうちに作品に触れているんですw

「六番目の小夜子」

NHK教育(ドラマ愛の詩)で
主演は鈴木杏さんでテレビドラマ化に!


ドラマ版ではオリジナルキャラを登場させたり、
舞台を高等学校から中学校に変更するなど
小説とは一味違った展開が成されているが、
「小夜子」・「鍵」・「文化祭」等、
物語の基本部分は共通したものとして展開
されています。


「ネバーランド」

TBS系列で
主演は今井翼さんでテレビドラマ化に!


夏休みに入った私立男子校の学生寮を舞台に、
17歳の複雑に揺れ動く多感な少年たちの
心を描いた、恩田陸原作の名作小説を
もとにしたドラマです。


「夢違」

日本テレビ系列「悪魔ちゃん」で


こちらは、皆さん知っている人も多いのでは。
数年前に人気で話題でしたね。

主演は北川景子さんでテレビドラマや映画に

◆まとめ

夢は諦めなかったら叶うのですね!

恩田さんの作品はテレビドラマ化されたり
しているので、どのような作品を書かれたか
イメージしやすいかもしれませんね。

今回の作品はベストセラー1位は間違いなし
ですね!


関連記事
芥川賞受賞:山下澄人(芥川賞)の高校や大学はどこ?結婚している嫁と経歴が気になる!