山本幸三地方創生担当相が大津市内
での講演で「一番のがんは文化学芸員
と言われる人たちだ。観光マインドが
全くない。一掃しなければ駄目だ」
と発言したことが問題となってい
ます。


そこで、山本幸三地方創生大臣が
杉本彩に土下座?過去の法改正が
不純すぎる!


という内容で山本幸三氏について
調べてみました。


<関連記事>
中川俊直:女性問題にバージョンがありすぎ!経歴は?
和田章一郎:島根県議は安倍政権の財政批判するも140万も不正受給!


◆山本幸三大臣の学芸員はがん発言について

山本幸三地方創生担当相は
観光を生かした地方創生に関する
質疑の中で

「一番のがんは文化学芸員と
言われる人たちだ。
観光マインドが全くない。
一掃しなければ駄目だ」
yahooより

と発言したそうです。
その後、

「(学芸員を)全部首にしろという
 のは言い過ぎだが、
(観光マインドを)理解して
いなかったら代わってもらう
という気持ちでやらないと
できない」
yahooより

と釈明しましたが、
学芸員やがん患者らに対して
不愉快な不快感を与えかねない
発言だとして不適切だと
批判されています。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆山本幸三地方創生担当相のプロフィール

山本幸三 地方創生担当大臣 

—————————————————-
名 前:山本幸三(やまもとこうぞう)
生年月日:1948年8月8日
年 齢:67歳
出 身:福岡県
所 属:自民党
高 校:福岡県立京都高等学校
大 学:東京大学経済学部
職 業:元大蔵省官僚
   自由民主党所属の衆議院議員

<内閣歴>
●経済産業副大臣
●内閣府特命担当大臣
(地方創生、規制改革)、
まち・ひと・しごと創生担当、
行政改革担当、国家公務員制度担当
——————————————————
山本幸三氏は、
福岡県の北九州市の出身です。
戦後引揚者の7人兄弟の末っ子。


門司市の元市長・柳田桃太郎は
叔父にあたるそうです。


北九州の市制50周年を迎えるにあたり
若者が定着する元気溢れる北九州を
目指して、地域創生の活性化をはかり
たいそうです。


生まれ故郷に恩返しがしたいという
地元愛の強い人のようです。

◆山本幸三地方創生担当相の経歴

山本幸三 地方創生担当大臣



山本幸三氏は、
福岡県生まれの67歳です。
東京大学経済学部卒業後、
大蔵省に入省。


その後
米国コーネル大学経営大学院に留学し、
MBA取得。


その後
・岩国税務署長
・国際金融局国際機構課補佐
・銀行局銀行課補佐
・米国ハーバード大学国際問題研究所の
 客員研究員
・国際金融局調査課補佐
・福岡国税局直税部長
・大蔵大臣秘書官(宮澤喜一大蔵大臣)
・九州国際大学講師


様々な経歴の後
平成5年に衆議院初当選します。
平成18年には経済産業副大臣に。
平成28年に地方創生担当相に。


地方創生担当相ですが、
正式には、・・・・
内閣府特命担当大臣で
地方創生、規制改革、
まち・ひと・しごと創生担当、
行政改革担当、国家公務員制度担当
です。

◆山本幸三地方創生担当相の公約

山本幸三地方創生担当相の
公約を調べてみました。


●デフレと超円高からの脱却
●思い切った公共投資の拡大
●中小企業対策
●教育の充実
●年金・医療・介護の充実
●企業誘致
●食の安全の確保
●その他
・門司港レトロ地区を若者と
 芸術でもっと魅力的に
・犬猫の購入、所有にマイクロチップ
 義務付け殺処分ゼロ社会を
・日本の領土・領海を守る法整備を
 

◆山本幸三氏の実績の法律改正と杉本彩

杉本彩



山本幸三大臣の公約は確認できたので
実績を調べていたら、・・・・
しっかり実績を出している件が
ありました。


2010年2月8日に山本幸三氏は
殺処分ゼロ、動物愛護先進国を
目指して動物愛護管理法の法改正
すると公言しました。


理由は、
永年動物愛護活動に熱心に
取り組んできた女優の杉本彩さんの
切々たる訴えに大きく心を動かされた
からだそうです。


2010年3月29日に
2010年の動物愛護法改正に向け
私案を発表しています。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆山本幸三氏の法改正への動機が不純すぎ

山本幸三氏と杉本彩さんの件について
調べてみました。


山本幸三氏は、あるイベントで一緒に
なった女優の杉本彩さんのファンに
なったそうです。


いわゆる、山本幸三氏の片思いですw


それから山本幸三氏は、
杉本彩さんが主宰のダンス教室に
週1回程度通うようになったそうです。


実は、
杉本彩さんはもともと、
犬猫の保護活動に熱心でした。


そこで、突然どうしたのか、
山本幸三氏は、動物愛護管理法
法律改正に取り込むようになった
そうです。


しかし、
杉本彩さんが再婚してからは、
山本幸三氏が動物愛護管理法に
関わった形跡はないそうです・・・。


また、
動物愛護管理法の改正に携わっていた
議員がこう明かしているようです。

「民主、自民、公明で議員立法の
ための実務者協議を続けていましたが、
自民の責任者でもない山本幸三氏が
私案を持って民主党の議連幹部などを
回っていたので驚いた記憶があります」

週刊誌では、・・・・
杉本彩の気を引くためではないか
言っています。


一方、杉本彩さんの事務所は、

「5年ほど前から連絡は取って
 いません。迷惑しています」

と回答しているそうです。


ズバリ、
公私混同疑惑です!
結果的に、
動物たちの命が救われたのですが、
動機が不純すぎますw


つまり、やる気でやれば、
法案はどうにか頑張って進めることが
出来るのですね!

◆山本幸三大臣が杉本彩に土下座した?

山本幸三大臣を調べていると、
「土下座」
というキーワードがでてきました。


もしかして、
迷惑をかけた杉本彩さん
山本幸三さんが土下座して
謝ったのかと思ったので、
調べてみると・・・・


どうやら、
2009年8月2日の西日本新聞朝刊の
ことでした。


山本幸三氏は
福岡11区から出馬する時に
いつも同じ自民党同士の
武田良太氏と選挙で争っていましたが


自民党が
小選挙区は武田良太氏に
比例代表は山本幸三氏に
それぞれ公認して、上手くすみわけを
することになったのですが、


地元支持者たちが納得しなかったため
山本幸三氏は支持者に
「お許しを請いたい」と土下座
重ねたそうです。


土下座して選挙に当選したと
いうことでした。

◆山本幸三大臣のインサイダー疑惑

山本幸三大臣を調べていると、
面白いキーワードを発見!


「インサイダー取引」という言葉が
出てきます。


もしや、
山本幸三大臣は、インサイダー取引を
していたのでしょうか?
調べてみると・・・・


過去に山本幸三地方創生担当相の
知人が絡んだインサイダー取引事件
ありました。


山本幸三大臣がインサイダー取引して
いたのかと思ったら、違いました。


調べてみると、どうやら、
山本幸三地方創生担当相が
証券取引等監視委員会(SESC)の
強制調査を厳しく批判し、


国会に「圧力」をかけて調査を
取りやめさせた疑惑がありました。


直接、
インサイダー取引していたわけでは
ありませんでした。
泣きついて助けを求められたので
しょうか・・・


<関連記事>
中川俊直:女性問題にバージョンがありすぎ!経歴は?
和田章一郎:島根県議は安倍政権の財政批判するも140万も不正受給!