島田慎二さんはバスケットボールチー
ム千葉ジェッツを運営する株式会社
ASPEの社長です。

経営不振の千葉ジェッツの運営を手掛
け再建に向けて事業を成功させた人
です。


そこで、千葉ジェッツ島田慎二社長の
経歴やプロフィールは?家族や再建
とは?
という内容でまとめてみました。


島田慎二氏が手掛けた千葉ジェッツは
バスケットプロリーグのBリーグで
売上高、観客動員数もトップを走って
います。


そんな千葉ジェッツが1月に開かれた
プロとアマが集まり戦う天皇杯では
チャンピオンになりました。


ただ、凄いところは島田慎二さんは
バスケットボールが未経験です。


そんな島田慎二さんを見ていきたいと
思います。


<関連記事>
宮内正喜:新フジテレビ社長はこの人!経歴や年収は?実績と社長交代の理由

Sponsored Links
Sponsored Links

◆島田慎二のプロフィール

島田慎二

出典元:http://basket-count.com/



—————————–
名前:島田慎二(しまだしんじ)
生年月日:1970年11月5日
出身地:新潟県
学歴:日本大学法学部卒
役職:千葉ジェッツ代表取締役
—————————–

◆島田慎二さんの経歴(生い立ち編)

島田慎二さんの幼少期には
ご両親が忙しかったようで、
生まれてすぐに祖母に1年間ぐらい
預けられていました。


島田慎二さんは中学を卒業すると
一人暮らしを始めます。


高校では寮生活をしていたので
しょうか。

◆島田慎二さんの経歴(サラリーマン編)

島田慎二さんは日本大学卒業後
旅行会社に入社します。


格安系旅行会社の社員として
海外ツアーや航空券の販売に携わり、
NO1の成績を残こします。


この成績は新規客ではなく、
ほぼリピーターのみで成果を達成
します。


いかにお客様から信頼されて
好かれていたのかが
達成でわかりますよね。

◆島田慎二さんの経歴(社長編)

㈱ウエストシップ設立

1995年4月、
島田慎二さんは前職の旅行会社役員と
ともに独立します。
法人向け旅行会社の営業として
大手企業の開拓を進めました。

ただ、十数名の規模まで成長して
大きくなりましたが、

9.11米国テロを契機に取締役退任する
ことになりました。

㈱ハルインターナショナル設立

 
2001年12月、
以前のお客様の支援のおかげで
海外出張専門の旅行会社として
再独立することになります。


ここで島田慎二さんは
子会社含め連結売上高を20億達成
します。


2010年1月、
島田慎二さんは㈱ハルインターナショ
ナルを㈱リロ・ホールディングに
全株式売却し、セミリタイア生活を
送るためにはあと少しのところまで
来ていました。


2010年2月
島田慎二さんは
㈱リカオン設立し、コンサルティング
事業を行います。


島田慎二さんはセミリタリア生活を
送るため福岡に引っ越しの準備を
進めていたところに千葉ジェッツ
再建プランを立ててほしいとの依頼が
来ます。


そのため、島田慎二さんは
千葉ジェッツや当時のバスケ界に
ついて調べて40ページにも渡る
再建計画書を提出します。


しかし、話はここで終わりません。
千葉ジェッツの運営会社の口座に
残されていたのはなんと数百円未満。


「君に社長を引き受けてもらえない
なら、ジェッツはつぶしてしまうこと
になるかもしれない」


と現在の千葉ジェッツ会長に言われ
「1年くらいなら」と考え
2012年2月から社長の座につくことと
なりました。


その時はもう福岡でセミリタリアを
送っている最中でした。


2012年2月、
㈱ASPE(千葉ジェッツ)
代表取締役就任します。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆島田慎二さんの家族は?

島田慎二の娘

出典元:http://rikaon.co.jp/blog

島田慎二さんの家族を調べてみました。
奥さんと娘さん2人いるようです。

◆島田慎二さんの夢を叶える想い

島田慎二さんは、
やると決めたら絶対に成し遂げる
という精神のもと、人生を過ごして
きました。

大学生のときに
掲げたセミリタイアの夢、
セミリタイアで福岡に移住すること、
社員とともに掲げた目標もすべて
達成してきています。


千葉ジェッツに関しても
「絶対に再建してやる」との思いから
始められたようです。

根底にこのような考え、
精神力があるからこそ、
結果が出せるのでしょうか。

◆島田慎二のチーム再建

島田慎二さんは千葉ジェッツを
再建するためにはまずは資金が
必要となるため、スポンサー探しに
傾注しました。


ただ、どうしても千葉ジェッツも
ベンチャー企業なので、
相手にされることはありませんでした。


そこで、島田慎二さんはある
ストーリーを考えそれをスポンサーに
伝えることにしました。


それは
「あと一億円でトヨタを倒せる!」
「みんなでトヨタを倒しましょう!」
このストーリーがスポンサーの心を
とらえることになりました。


その後、選手を獲得することができ
集客をすることができたのです。

◆島田慎二が総スカンを食らう!

島田慎二さんには社員が仕事を
ボイコットした経験を持っています。

島田慎二さんはセミリタイアを送る
という目標があったため、
会社の価値を高め、その会社を売却
することでセミリタイアの資金に
充てる予定でした。


ただ、その考え方が従業員に伝わり、
「社長の財産をつくるために俺たちは
頑張ってるか?」


という風に思うことに繋がってしまい
それがゴールのようになってしまい
社員が仕事をボイコットすることに
なってしまいました。


そこで、
島田慎二さんは社員に謝罪し、
「会社はみんなの幸せのためにある。
考え方を改める。」


ということを素直に伝えました。


その後、
会社の業績は一気に伸びあした。
利益よりも幸せを優先した形の
結果です。


やはり、
優秀な方は修正する力に長けて
ますよね~。



このような大きな結果を残す方は
やはりどこかで一回は躓いて
いますよね。


ただ、
「過ちを素直に認め考え方を改める」
このサイクルが成功の秘訣のような
気がしてなりません。




<関連記事>
宮内正喜:新フジテレビ社長はこの人!経歴や年収は?実績と社長交代の理由