三橋淳(みつはしじゅん)さんはプロテニス選手ですが八百長に関与したことでテニス界から永久追放と約570万円の罰金が科せられたそうです。日本テニス協会によると、日本人がテニスの不正監視団体TIUに処分されるのは始めてだそうです。

そこで、三橋淳の八百長の仕組みとは?ドーピングや薬疑惑?成績やランキングは?という内容でまとめてみました。


経緯をたどると、
三橋淳選手は2015年11月のテニス大会でジョシュア・チェティ選手に八百長を持ちかけました。その内容はシングルス戦での無気力プレーに約27万7000円、ダブルス戦での無気力プレーに約6万8000円だそうです。

実はジョシュア・チェティ選手はこの件で2016年9月に永久追放処分になっています。また、三橋淳選手は2015年12月にナイジェリアの試合で別の選手に八百長を持ちかけていたそうです。

そして、三橋淳選手は八百長事件だけでなく、2015年10月から11月までテニスの公式戦結果に対し、76回も賭博行為まで行っていたようです。


そのようなことで三橋淳選手は永久追放に処せられました。
なぜ三橋淳選手は八百長をしてしまったのでしょうか。
少し疑問ですよね。それでは三橋淳選手についてみていきましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆三橋淳のプロフィール

三橋淳

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp



名前:三橋淳(みつはしじゅん)
     (Jun Mitsuhashi)
生年月日:1989年6月1日(27歳)
出身:神奈川県横浜市
身長:165cm
体重:63kg
小学校:Heartland Elementary
中学校:川崎市立王禅寺中学校
高 校:駿台甲英高中退
所 属:北日本物産
<出身クラブ>
John Newcombe Tennis Academy
荏原湘南スポーツセンター

◆三橋淳の経歴

三橋淳さんはアメリカ育ちで、型にはまらない言動とテニスが魅力の小柄なイケメンです。調子がいい時の彼のボールの軌道は誰にも文句を言わせないぐらいのもので、相手に自由にコントロールさせないほどのものでもあります。

ところが、小さな体からのパワープレーは身体への負担は想像以上にダメージが大きく、最近は故障が多く苦しんでいました。

どちらかと言えば、体力もさることながらもう少し精神面が強くなればそれ以上に活躍できる選手であります。

さらなるプロとしての自覚がしっかりつけば、さらに強くなって一皮大きくなり成長することは確実だったでしょうね。

◆三橋淳の戦績や主な国内タイトル(シングルス)

2004年全国中学生 優勝
2005年トヨタジュニア全国大会優勝
2006年全日本ジュニア選抜室内

2007年フューチャーズF4(イラン)優勝
2008年フューチャーズF8(大阪)優勝
2008年フューチャーズF1(イラン)準優勝
2008年フューチャーズF3(エジプト)準優勝
2008年全日本テニス選手権 ベスト8
2008年イザワクリスマスオープン 優勝

2008年までは抜群の成績ですよね~。

◆三橋淳選手のランキングは?

・2009年6月:シングルス295位
・2010年7月:ダブルス217位

◆三橋淳選手と錦織圭選手との関係

年を重ねるごとに三橋淳選手と錦織圭選手はランキングという差が大きく開いていきました。
松岡修三さんがよく話していますが「錦織圭選手は特別な選手である。」
普通の選手ではなく天才の領域に行った選手だと。ですから、錦織圭選手と比較するのは間違いだと。
本人しかわからない部分がありますが、三橋淳選手は錦織圭選手にコンプレックスを抱くようになったのかもしれませんね。
いずれにせよ、松岡修造さんや錦織圭選手たちと一緒になってテニス界を一生懸命リードしてきたのに・・・。本当に残念ですね。

三橋淳選手

三橋淳選手VS添田豪の試合動画

◆三橋淳のドーピングや薬物の疑惑

八百長&賭博をしているということで噂をされるのはドーピング問題があります。

このようなことをしていたのであればもしかしたらドーピングもしていたのでは?と考える人はどうしてもいますよね。。

もしかしたら2012年1月〜4月まで薬を抜くために休養をしていたかもという噂がありました。また、筋肉増強剤なんかを使用していたという噂もありました。
ですがこれはあくまでも噂の領域です。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆三橋淳の八百長の仕組みとは?

どうもテニス界においては世界中で多くの八百長が行われているようなのです。
(以下の話は世界で行われているテニスの試合での八百長の仕組みですが、三橋淳選手にも当てはまるところはあるのかなと思います。)

2016年にも世界ランキング50位以内に入ったことのある16人の選手が、過去10年にわたり意図的な敗退をした疑いがあると報じており、16人の中には4大大会の優勝者も含まれ、全豪オープンにも8人が出場していたようです。

また、南米の匿名希望の元テニス選手は、テニスの試合での八百長試合はよくあることで、ある一部のトップのテニス選手も「それなりに少し汚れているんだよ。」と話していました。
八百長試合はテニスのランキングが低い選手だけの問題ではなく、「多くの人が知っている公然の秘密だ。」「ツアーで誰もが知っている公然の秘密のようなものだが、誰も口にしない。目にはするけど、自分は自分のテニスという仕事をするだけだ」とも述べました。

もしかしたら、三橋淳選手の八百長はテニス界においては氷山の一角かもしれませんね。

◆八百長はどう組まれる?

この南米の元テニス選手によると、テニス賭博を仕切る「3大グループ」があるそうです。選手への支払いは現金のみで、金融機関への振り込みは許されません。
「選手と話をしにいく担当者がその3大グループに何人もいるんだ。テニス・サーキットの中に何人も息のかかった人間がいるんだ。これは巨額のビジネスであって、本当に大きい金額だ。」と述べています。

◆誰が八百長関係者と分かるのか?

南米の元テニス選手は以下のように述べました。
「やっているのは誰で、やってないのが誰かは分かるもんだよ。わざとミスをしたりわざと真ん中にショットを返してくれば分かる。真剣にプレイしてるかそうじゃないかすぐに分かる。だから、誰が八百長に参加してるかは分かるんだ。」

さらに南米の元テニス選手は「八百長に関わっている選手は合図のため笑いながら目配せしたり、それと分かるコメントをしている」とも話しました。

八百長の試合は試合の勝敗だけでなく、「どういう勝ち方をするか」まで決めるようです。

◆八百長をする理由

世界ランキング400位の選手は試合給だけでは生活できないようです。これが八百長をする大きな理由のようですね。

◆トップレベルの選手たちのコメント

アンディー・マリー選手

八百長を持ちかけられたことは一度もないと言いました。
「選手としては、何が起きているのかすべて承知していたい。何が起きているのか知らされる権利があると思う」とも述べています。

ノバク・ジョコビッチ選手

「若いころに負ければ11万ポンド(約1870万円)払うと持ちかけられたことがある。」と言っています。ただ、「八百長に関する自分の経験や情報にもとづくと、知る限りトップレベルでは(八百長は)起きていない」とも述べています。

ロジャー・フェデラー選手

誰が当事者なのかもっと情報が欲しいと話し、「ぜひとも名前を知りたい。そうすれば少なくとも話が具体的になり、実際に議論ができる」と積極的にこの問題に取り組もうとしています。

セリーナ・ウィリアムズ選手

もし八百長が行われているなら「自分は知らない」と述べ、「自分のことについてしか言えないが、自分は全力でプレイするし、自分が対戦する相手も全員、全力でプレイしている様子だ」と話しています。

トップレベルの試合や選手に関してはどうも八百長ということとは程遠いような感じはあります。ただ、いくらランキングが低い試合だったとしても八百長があってはいけないことではあります。三橋淳選手もまだ27歳という若さなので、いつか復活してほしいものです。