高田重信市議は富山市議会自民会派ですが、茶菓子代として政務活動費約12万円の一部を支出が認められない酒代を充てていたことがわかり問題になっています。高田重信市議は昨年も同じ不正で約32万円を返還していますが、辞職の意向はないようです。

そこで、高田重信富山市議の経歴や年収と家族は?不正受給が再発覚!今後は?という内容でまとめてみました。

高田重信富山市議についてどのような人物なのか掘り下げていきましょう

Sponsored Links
Sponsored Links

◆現在の政務活動費の現状

そもそも、政務活動費どのようなことに使う費用なのでしょうか。調べてみると・・・

実際は、政策調査研究やその他の活動等のために支給される費用です。収支報告書の提出は義務付けられてはいますが、詳細はなく、どこまでの書類を求めるかは自治体によって異なるようです。

全国の県議会レベルを調べてみると、・・・・

現在領収書の添付を義務付けられているのは、岩手県、宮城県、新潟県、長野県、鳥取県の5県です。(2007年時点)

条件付きで必要とされているは、北海道、秋田県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県、島根県、山口県、高知県の10道府県の議会のようです。(2007年時点)

このように見てみると、高田重信市議の富山県は見当たりませんね。富山県レベルでも領収書の提出は必要ないようなので、全国的に見てもゆるいようです。

◆高田重信のプロフィール

高田重信

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp



名 前 :高田重信
生年月日:1954年6月24日
年 齢 :62歳
出 身 :富山市清水町生まれ
学 歴 :県立富山工業高校卒業
血液型 :O型
趣 味 :カヌー、読書

◆高田重信の経歴

1973年家業の燃料店を継ぐ。
1986年小学校・中学校・市・県PTA役員歴任。
1999年富山市議会議員に44歳で初挑戦し、初当選を果たす。
2003年富山市議会議員選挙で2期目の当選。
2005年市町村合併に伴う富山市議会議員選挙に1区より立候補し当選。
2009年富山市議会議員選挙1区当選。市議4期目、建設委員会委員長。


[現 職]:
富山市議会副議長
常任委員会:建設委員会所属
富山市消防団清水町分団 副分団長
保護司
社会福祉法人富山聖マリア会理事
富山県アイバンク評議委員
富山市体育協会 顧問
清水町地区体育協会 会長
清水町地区土曜サークル活動委員会 会長
富山県白水カヌークラブ 副会長
自由民主党富山市連清水支部 支部長
富山東ライオンズクラブ所属
富山県立富山工業高等学校 同窓会副会長

Sponsored Links
Sponsored Links

◆高田重信の家族

高田重信氏は、妻と3人の息子の5人家族ですが、現在、父、妻、次男と4人で同居生活しています。

県外には、長男夫婦と孫、三男がいるようです。

◆高田重信の年収

議員報酬:月額60万円 


期末手当:
3月・9月:60万円×0.45=27万円
6月   :60万円×1.5=90万円
12月  :60万円×1.65=99万円
期末手当は合計243万円


年収:
60万円×12+243万円=963万円
高田重信市議の年収は963万円。


さらに、富山市議は議員報酬を10万円UPしようとした議案があったようです。なんだってΣ(゚Д゚)

2016年議案が賛成多数で可決したようで、富山市民は怒りの声をかっていました。なぜ月額10万円もUPする必要があるのかと!

その時の動画がこちらです。




その後、富山市議会では政務活動費を不正に受け取っていたとして2016年に明らかになり、14人くらいの議員が辞任しています。そのため、月額10万円UPする議案は廃案になったようです。

不正受給した元議長の中川勇さんは「遊ぶ金が欲しかった」と述べています。動画の中にもきっちりと出ていますw そんな言葉で許されるのでしょうか・・・。

富山市民の方々が怒りの頂点に達するのは間違いないですよね!

◆高田重信市議の今後は

昨年に続き、今回も同じことで不正受給しています。
ご本人は辞職の意向はないようですが、同じことを続けると皆さんの気持ちが離れると思います。しばらくはひっそりと過ごされるのでしょうか。