林貫太さんは徳島県の小松島高校3年の野球部員です。長い髪にパーマの茶髪とピアス姿の高校男子でしたが、亡き父の思いを大事に現在野球部員として頑張っていると話題です。
そこで、林貫太(小松島高)の成績や身長は?野球をする理由が感動的すぎるという内容でまとめてみました。
林貫太さんはどのような人物でしょうか。


<関連記事>
かいじくん:ちびっこ球児がキレキレ応援団ダンス!名前や年齢と応援高校はどこ?


Sponsored Links
Sponsored Links

◆林貫太選手の決意とは

昼休み、小松島高校(徳島)の林貫太選手(現3年)は体育教師室の前で立ちすくんでいた。
パーマをかけた長い茶髪、耳にはピアス。
頭の中は真っ白で、足は震えている。
それでも、一歩踏み出し、扉をノックした。
野球部の豊富(とよとみ)尚博監督の前で声を振り絞る。
「野球部に入れて下さい」。
豊富監督は顔を向け、「本当に続けられるんか」と真剣な表情を見せた。
昨年5月末のことだ。
http://www.asahi.com/articles/ASK6N533RK6NPUTB010.html

◆林貫太のプロフィール




名前:林貫太
生まれ年:2000年
出身:徳島県
高校:徳島県立小松島高校
所属:野球部


林貫太さんの高校は、徳島県立小松島高校です。
卒業生には、高校時代主将を務めた読売ジャイアンツに入団した増田大輝さんがいます。

林貫太さんの身長は、詳細はまだ公表されていませんが173cmくらいでしょうか。
また夏には身長も伸びているでしょうね。

◆林貫太の成績

林貫太

出典元:facebook



SNSには背番号3番の写真が掲載されていました。

おそらく本人の背番号ではないかと思われます。

まだ公式に成績が公表されていませんが、中学生時代には主将まで務めた方なので運動神経がいい選手だと思います。

後日追記します。

◆林貫太の家族

林貫太さんの家族は父、母、姉、本人の4人家族でしたが、中学2年生の時に父親を肝臓がんで亡くし、3人家族となってしまいました。

野球好きの父親の影響で野球を始めた林貫太さんは中学生の時には主将を務めるなどリーダーとしてチームをまとめて頑張っていたようです。

そんな林貫太さんの父親は自慢の息子だと思っていたでしょうね。

◆林貫太の野球をしなくなった理由

林貫太さんは小学2年生の時に父親の影響で野球を始めたそうです。

中学2年生の時に父親を肝臓がんで亡くしています。

その後、地元で野球で有名な徳島県立小松島高等学校に入学しますが、林貫太さんは高校では野球をしなくなったそうです。

その理由は、野球はお金がかかるから家族への経済的な負担で迷惑をかけたくなかったからだそうです。

その後、高校生活はパワーと時間を持て余し退屈になったそうです。

そのため、中学の頃の友達と夜遅くまで遊ぶようになってしまいます。

遅刻や欠席するようになった自分が嫌になり「高校をやめようかな」そんなことまで考えるようになってしまいました。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆林貫太の野球を始めた理由

林貫太

出典元:http://www.asahi.com/koshien

そんな時に、林貫太さんは父親とのある会話を思い出したそうです。

以前、父親と姉と3人で焼肉店に行ったことがあるそうですが、そこで林貫太さんは父親との会話を思いだします。


「貫太は将来プロ野球選手だろ」
「そんなわけないやん」



会話の話題は野球や将来に関する内容だったそうです。


そんなことを考えている頃に、豊富尚博(とよとみよしひろ)監督に声をかけられます。

「野球はもういいのか」

この言葉が父親と重なったのでしょうか、この一言が林貫太さんを動かします。

父親の影響で野球を始めた林貫太さんですが、将来はプロ野球選手かなと期待してくれていた父親に対して、野球もせずに高校もやめようとしている今の自分の姿を父親が見たらどのように思うのかと考えたようです。

野球好きの父親のためにも自慢の息子となって以前のように頑張る姿を見せたい、野球がやりたいと思ったのではないでしょうか。

そうして、母親に野球がしたいことを相談し了解を得ると、林貫太さんはなんとその日のうちに長髪でパーマの茶髪姿から頭を丸め、ピアスとも卒業しある決意をしました。

◆豊富尚博監督の出会いから野球部入部

林貫太と豊富尚博監督

出典元:http://www.asahi.com/koshien



豊富尚博監督は林貫太さんが入学してから体育の授業以外は関わりがないにも関わらず、よく気にかけてくれてすれ違うたびに声をかけてくれた先生だったそうです。

林貫太さんは、意思表明のために頭を丸坊主にして豊富監督の元へ行って頭を下げて入部したそうです。

2年ぶりの野球はゴロを捕ろうとしても手が届かないくらい体がなまっていたそうです。

たしかに、高校球児たちは甲子園目指して朝から晩までみっちり練習していますよね。

スポーツする人は2年ぶりのブランクはキツイでしょうね。

しかし、林貫太さんの亡き父との思い出の決意は固かったようです。

今では毎日学校で練習に参加し、誰よりも一番大きな声を出して頑張っているそうです。

チームにもいい影響を吹き込んでいる存在のようですね。

いいチームといい監督に恵まれた林貫太さんの甲子園で活躍する姿が楽しみですね。

◆林貫太の名言




野球一筋の林貫太さんですね。

素晴らしい言葉と思います。

やっぱり、何か目標に向かって頑張っている人ってキラキラしていていいですね!

◆小松島高校野球部の動画

2017甲子園目指す31校の小松島高校





2016甲子園目指す31校の小松島高校





◆まとめ

林貫太さんが野球を再スタートしたのは2016年の5月だそうです。

それから1年経ちました。

甲子園にも出場したことのある小松島高校なので甲子園に出場もあるかもしれませんね。

現在高校3年生の林貫太さんの夏が楽しみですね!



<関連記事>
かいじくん:ちびっこ球児がキレキレ応援団ダンス!名前や年齢と応援高校はどこ?

Sponsored Links
Sponsored Links