こんにちは!


本日の
櫻井・有吉THE夜会の番組では


熱望!
「収録終わりに、
赤坂でこっそり食べて帰りたいんですが
いいお店、教えてくれませんか?」


人気グルメブロガー・うどんが主食が、
TBSの帰りに寄れる赤坂のおすすめのお店を紹介。
スタッフもたった2人で行くこっそりスタイルロケ。


1軒目は坦々麺激戦区、赤坂で1番うまいという
「希須林(きすりん)」
有吉が櫻井に電話番号を聞かない理由とは!?
櫻井が有吉へ渡した誕生日プレゼントとは!?


2軒目は政界の重鎮が訪れる中華の老舗
「赤坂四川飯店」
二人が最近見た映画とは!?
お互いが驚いた行動とは!?


という内容で放送されるようです。


早速2つの中華のお店をご紹介します。
管理人もマーボー豆腐大好きです。
レシピもありますよ!


★激ウマ担々麺の隠れ家
希須林担々麺屋(赤坂店)です。

★日本一の麻婆豆腐の名店
では、陳健一さんの
赤坂四川飯店の陳麻婆豆腐です。


関連記事もあります。
●人気グルメブロガー厳選の担々麺とは?

スポンサーリンク

◆赤坂四川飯店の陳麻婆豆腐の場所






ここは、
料理の鉄人の陳健一さんがオーナー
お店です。


場所も永田町ですので、
政界の方も来れることが多いお店です。


—————————————————————————-
住所:〒102-0093 
   東京都千代田区平河町2-5-5 
   全国旅館会館5F・6F
電話:03-3263-9371
営業:ランチ  11:30~15:00(L.O.14:00)
   ディナー 17:00~22:00(L.O.21:00)
   ランチ営業、日曜営業
サイト: http://www.sisen.jp/

アクセス:
●地下鉄(有楽町線/南北線/半蔵門線)
 永田町駅徒歩2分(4、5、9b番出口)

●地下鉄(丸の内線/銀座線)
 赤坂見附駅徒歩5分(D出口)
—————————————————————————-
地図:

◆口コミや評判

・料理もサービスも素晴らしい。

・平日ランチ1300円がお手頃で
 あの陳麻婆豆腐も食べられる

・予約制の料理教室も行っている。
(1/22・23開催済)

・年に2回オーダーバイキング「食べつくし」
が実施され、食べ放題の贅沢プランがある。

2/1~2/28(ディナー限定)7500円(税別)
混雑するので予約をおすすめします。

◆混雑情報

・平日昼11時40分:ほぼ満席

・平日昼12時
 大きいテーブルで相席でもよいなら
 10分待ちで、すぐに着席。

・平日昼12時すぎ :長い行列。

・平日昼1時    :20人待ち。


★開店時間の11時30分に入るのが得策。
★円卓の相席でもよいならすぐ着席の場合も。

(注意)
現在オーダーバイキング期間中であるため、
混雑情報はしばらく目安にならないと思われます。

スポンサーリンク

◆陳麻婆豆腐のレシピ(4人前:約15分)

———————————————————- 
<コツ・ポイント>
豆腐を下茹ですること。
豆腐がより柔らかく、崩れにくく、
水分が出にくくなるという効果がある。
———————————————————- 

■食材

・木綿豆腐 :400g
(2cm角に切り調理前まで水に浸す)
・塩    :適量
・長ねぎ  :1/3本(みじん切り)
・葉にんにく:1本(そぎ切り)

 

■陳麻婆豆腐タレ

豚ひき肉 :80g
にんにく :小さじ1 (すりおろし)
四川豆板醤:大さじ1
甜面醤(甘味噌):大さじ1
一味唐辛子:小さじ1 (※お好みで調整)
ラー油  :大さじ1 (※お好みで調整)
サラダ油 :大さじ2~3 (※加減する)

■仕上げ

鶏がらスープ(または水):150ml
紹興酒   :大さじ1
塩     :少々
しょうゆ  :大さじ1弱
こしょう  :少々
豆鼓    :大さじ1 (みじん切り)
水溶き片栗粉:大さじ2~3 (水:片栗粉=1:1)
四川花椒粉 :1~2つまみ

■作り方

①鍋を熱したら油をひき、
豚ひき肉を入れて良く火を通す。
パリパリとなるよう長めに炒めると、
肉の臭みが消え、香りが良く出る。
※焦げそうな時は油を足す。


②一度火から離し、
にんにく、四川豆板醤、甜面醤、
四川辣椒粉、ラー油を入れたら
再度火かけ、全てが一体となるように
よく炒める。
そこへ鶏がらスープを入れる。


③別の鍋に湯を沸かし、沸いたら塩を
ひとつまみ入れ、水切りしたばかりの
豆腐を入れて、茹でる。


④お湯が再沸騰してくると、
豆腐がプルプル震えるように
浮いてくるので、この状態のまま
豆腐を網ですくい、タレの入っている
鍋に入れる。


⑤少し煮たら、紹興酒、塩、しょうゆ、
こしょう、豆鼓で味を調える。
(塩加減は醤油で調整)


⑥長ねぎ、葉にんにく(サンミャオ)を
入れて少し煮たら、
水溶き片栗粉を少しずつ加え、
とろみをつける。


⑦お玉の丸い部分で豆腐を押すように、
鍋を揺らしながら混ぜる。
焦がさないこと。


⑧最後強火にし、
仕上げのラー油を入れて混ぜる。
皿に盛り、仕上げに四川花椒粉を
ちらせば完成。


(出典元:陳健一シェフご飯より)
https://chefgohan.gnavi.co.jp/

◆まとめ

お腹すいてきちゃいました!
さすが、
人気ブロガーさんが厳選したお店ですね。
今日はマーボー豆腐だな!^^


関連記事もあります。
●人気グルメブロガー厳選の担々麺とは?

Sponsored Links
Sponsored Links