西川隼矢(にしかわじゅんや)さんがテリー伊藤のまる金ライダー8に出演します。

そこで、西川隼矢の経歴と逆転人生の秘密とは?嫁と作るプールの写真まとめについてご紹介します。

新たなビジネスに挑戦している人、自力で生きる(稼ぐ)人をピックアップして紹介する番組ですが、西川隼矢さんは何を頑張っている方なのでしょうか。


スポンサーリンク

◆何している人?経歴は?

nisikawa13

———————————————————-
名  前:西川隼矢(にしかわじゅんや)
生年月日:1982年
出  身:香川県丸亀市
大  学:国立鹿屋体育大学
職  業:Rockin’Pool代表取締役
     プール専門水中フォトグラファー
     
前  職:元競泳選手、水泳のインストラクターなど
その他 :2004年アテネ五輪日本代表を目指し、選考会に出場
—————————————————————
西川さんは、もともと競泳選手だったのですね!

確かに、体がマッチョです!

オリンピックの日本代表を目指していたすごい人だったようです。
しかし、それからフォトグラファーになったきっかけは何だったのでしょうか。
気になりますね。

nishikawa3


◆逆転人生の秘密とは?

◎挫折を乗り越え五輪代表選考会へ

水泳は、小学生の時に始め、中学・高校では水泳の毎日。何度も大きな大会で優勝します。

大学では、全国のトップアスリートが集まる鹿児島の国立鹿屋体育大学に進学しますが、
練習で女子選手にも負ける始末。
初めて、周りのレベルの高さを体験し、凹みまくって挫折を味わったそうです。

その後、不運が続き、バイク事故にあったり、周りからの冷たい視線や言葉で傷つき、
周りはみんな敵だと思うようになります。軽くうつ状態だったとか。私生活はどん底に。

自分を見つめし、そこから一念発起。
積極的に行動しスランプから脱します。水泳でも自己ベストを連発。

そうして日本選手権やアテネオリンピック代表選考会への切符を手にされたそうです。
結果、五輪代表にはなれませんでしたが、目標だった大会に出場できるほどになり達成感も得たそうです。

nishikawa17

◎水泳を離れ、「誰かを喜ばせること」への思いにきづく

大学卒業後は、水泳のインストラクター、IT関係の仕事につきます。

このころ、コーチや親を喜ばせたいという思いで打ち込んで頑張っていた自分を思い出し、自分は「誰かを喜ばせたい」といその気持ちが強いと思いだします。

会社で一眼レフを使い始めたころ、
・水泳をテーマとした水泳イベント、水中運動会を企画し成功。
・大会の軍資金のために作製したオリジナルのメッシュキャップを手掛け成功。
・東京ビックサイトでのフェスタにも出展し、デザインが面白いと大反響で成功。
・マラソンのランナーズアイテムを手掛け成功。

ここで、一念発起
脱サラして妻 沙耶佳さんとスポーツアパレル事業を始めます。
しかし、売り上げは伸びず、ネット販売のお客様の顔が見えない商売に走ったので事業は低迷。モチベーションも下がり気味に。

そのころ、競泳時代のライバルだった友人が引退することに。
友人を喜ばせるために、サプライズプレゼントをします。
それは、友人が泳いでいる姿を撮影し写真集にまとめたものでした。

やはり、自分は水泳が好き。人を喜ばせることが好き。と感じたようです。

これがきっかけで
幻想的な水の世界に魅了され、第二の水泳人生として水中フォトグラファーに転身します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◎固定観念にとらわれない自由でかっこいいこと

その後、水泳に興味を持ってもらいたいという思いから
スイミングスクールや競技会での水中記念撮影会も実施しているそうです。

現在は、固定観念にとらわれず、自由でかっこいい発想を取り入れ、
「アート」「遊ぶ」「モノ」などを取り入れたサービスを提供しているそうです。

その一つが「水中ウエディング」
デザイン、服飾関係の仕事をしている妻 沙耶佳さんが発案し、話題になっています。

水中ウエディング!? こんなウエディングがあったとは知りませんでしたね。

現在の目標は、お論ピック公式フォトグラファーだそうです。

本当に、人生どうなるかわかりません。

転んでも立ち上がって行動にでた結果、
人が喜ぶことをした結果、
固定観念を捨てた結果、

また第二の人生が始まったようですね!

nishikawa16

スポンサーリンク

◆嫁と作るプールの写真まとめ!

水に適した衣装や髪飾りなどを手作りしているそうです。
水中ウエディングなど写真をまとめましたよ。

nishikawa11

nisikawa2

nishikawa9

出典元https://azrena.com/post/130/
出典元http://www.sankei.com/premium/news/160123/prm1601230005-n1.html


Sponsored Links
Sponsored Links