朝鮮半島での有事や戦争が現実的な
問題になってきました。


アメリカ軍が北朝鮮を攻撃した際に
ミサイル攻撃や空爆の可能性も
あります。


朝鮮半島での有事や軍事戦争が
起これば、経済は崩壊し、
シリアのように難民がでてきます。


そこで、
北朝鮮難民受け入れで日本の影響は?
テロリストスパイの潜伏の危険性に
ついて調べてみました。


事態は深刻になってきたので、
少し掘り下げて見たいと思います。


<関連記事>
マイクペンス:アメリカ副大統領はこの人!親日って本当?

Sponsored Links
Sponsored Links

◆朝鮮半島の有事や戦争の際に予想される難民は何人?

戦闘機



まず、
朝鮮半島の有事や戦争の際に
予想される難民は何人でしょうか。
早速調べてみました。


2007年に日本政府が出した想定では
北朝鮮からの難民は10~15万人くらい
ではないかと言われています。


1950年に起きた朝鮮戦争の時には、
朝鮮半島から日本へ避難してきた
難民は200万人だったそうです。


岐阜県の人口が202万人ですから、
岐阜県民の人達が避難してきた
くらいの人数だったわけです。


朝鮮半島の有事の際には、
北朝鮮だけでなく、
韓国からも避難者がいるかも
しれませんね。


ちなみに、
韓国では、以前からガスマスクを
一人一つ持つように推奨していたり
核シェルターを保有している人を
テレビで見たことがあります。


韓国では、そうした有事や戦争の際の
対策や準備が事前にできているよう
です。

◆難民を過去に日本は受け入れたことある?

難民

出典元:http://jp.wsj.com/



では、
日本は、過去に難民を受け入れた
ことがあるのでしょうか?


入国管理局によると・・・


<以前>
・1980年代に
ベトナム戦後、インドシナ難民を
1200人受け入れました。

<直近>
・2014年に
難民申請が5000人あり、
受け入れは11人だったようです。
そのうちシリア難民の申請は60人で、
実際に受け入れは3人でした。


・2015年は
難民申請は7586人で、多くなります。
しかし受け入れは27人。


・2016年は難民申請は10901人に。
しかし、受け入れは28人。
実は、
難民申請の中には政治的迫害でなく、
借金など経済的理由で母国を出た
申請者が大半だったそうです。


<2017年は>
実は2月にシリア難民を家族規模で
300人も受け入れる用意があると
政府が発表したばかりでした。


どのような準備体制なのかというと、
シリア難民への対応は次の通りです。
↓↓↓

———————————–
<2017年度政府が準備していた内容>
・シリアの難民を日本の国費で
 留学生扱いとして受け入れ、
 配偶者と子供と帯同できて
 家族にも生活手当が支給される。


・日本に滞在中は留学生として過ごす。
 留学終了後は、必ずしも帰国する
 必要はない。
 事実上、家族と共に定住することが
 できるようになる。
———————————–

以上、
最近の日本の難民受け入れについて
調べてみましたが、知らない事ばかり。
反省です。。。

◆朝鮮半島の難民の収容はどこ?

難民申請書画像


アメリカ軍が北朝鮮を空爆した際、
韓国と日本に大きな影響があるのは
間違いありません。


北朝鮮や韓国から避難者や難民が
日本に押し寄せてくる可能性は高い
です。


いや、間違いなく来るでしょう。


そうなると、
避難者や難民はどこに収容するので
しょうか。


まず、
避難者や難民が韓国釜山(プサン)から
船で避難したなら、
福岡や山口県下関に到着するのでは
ないでしょうか。


実は、
日本には難民や在住外国人を
長期的に収容する施設が
茨城県牛久市と長崎県大村市に
あります。


ただ、施設があるからといって
全員が収容施設に入れるとは
限りませんよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆北朝鮮難民受け入れで日本への影響は?

北朝鮮難民受け入れで日本への影響は
何でしょうか?


アメリカ軍が北朝鮮を攻撃した際に、
北朝鮮や韓国が混乱状態になると、


シリア難民の時のように、
日本海を渡って大勢の難民が日本に
漂着する可能性があります。


北朝鮮の人たちは船で逃げ出し、
難民や移民が押し寄せてくると
想定されます。


そうなると、・・・・・

①身柄の確保
②上陸の手続き
③避難所収容
④避難所の警備
⑤テロリストやスパイの潜伏



いろいろと問題がでてきそうです。
特に、テロリストやスパイの潜伏
問題になりそうです。


今現在でも、北朝鮮のスパイは日本に
潜伏しているそうですが、
そのテロリストやスパイの潜伏者が
何をするかわからないという危険性が
あります。


潜伏スパイも、その行動力や才能を
自国の発展のために使っていけば
いいのですが、
そのような教育を受けていないはず。


監視や家族のために
何かの指令を持っているのでしょう。


そういえば、
最近の北朝鮮の人たちは、
金正男体制になってから、出世を
嫌がっているようです。


すぐに家族を攻撃・殺害されるため、
金正男の側近や上層部の幹部候補に
なるのを嫌がっているそうです。


何とも皮肉ですよね。
金正男は自分で自分の首を絞めて
いっているのですから。

◆難民受け入れでテロリストスパイの潜伏の危険性

テロリスト


北朝鮮難民を受け入れると、
偽装した難民やテロリストやスパイの
潜伏の危険性
も高まります。


北朝鮮側はすでに日本国内に送り込んだ
テロリストがいるようですが、
どのような危険性があるのか調べて
みました。


———————————–
①発電所や交通機関などを攻撃する
可能性が高い。

②生物・化学兵器を使用する
可能性がある。

③山手線など人が多い場所で
天然痘やウイルスをまき散らす
可能性がある。
———————————– 
これはあくまで想定ですが、
どこかの映画のワンシーンのような
内容ですね。


その映画のようなワンシーンが実際に
起こるかもしれない深刻な事態まで
来てしまいました。


日本を守らなくてはいけませんが、
その前に自分を家族を守らなければ
行けませんね。


お隣りの国、朝鮮半島のことですが
日本への影響はかなりありそうです。



<関連記事>
マイクペンス:アメリカ副大統領はこの人!親日って本当?

Sponsored Links
Sponsored Links