バイダさんはそろばん好きの元技術士
であり、職人です。「世界!ニッポンに
行きたい人応援団」にバイダヨージェフ
さん(ハンガリー)が再び登場します。


そこで、バイダさん(ハンガリー)の
作ったそろばんが展示してある場所
はどこ?という内容でまとめてみま
した。


今回番組がその後のバイダさんを
追跡取材すると、ハンガリーで
驚いたことになっていました。


なんと、
ハンガリー人バイダさんの番組を見た
視聴者がバイダさんの人柄やそろばん
への熱意と教育に感動し、
そろばん30挺(てい)を送って届けて
くれたそうなのです。


また、
バイダさんはハンガリーの地元の
小学校で特別授業をするだけでなく、
そろばん博物館まで作っていました。


そんなバイダさんの以前番組に出演した
「世界!ニッポンに行きたい人応援団」
での内容をおさらいしましょう。


<関連記事>
京たけのこ山田農園:販売場所や通販は?評判や値段は?

Sponsored Links
Sponsored Links

◆ハンガリー人のバイダさんとは

バイダさん


バイダさんは、日本のそろばんを
愛してやまないハンガリー人です。

日本のそろばんのとりことなった
バイダさんはそろばんの作り方を
学びたかったようですが、


経済的に余裕がないために
日本に行けず、独学でそろばん作りを
していました。


そこで
番組「世界!ニッポンに行きたい人
応援団」では、


そろばん好きのバイダさんに
日本そろばんの文化とそろばん作りを
学んでもらうために
バイダさんを日本に招待することに
したのでした。


来日したバイダさんは大喜び。
そろばんの作り方を学ぶため、
バイダさんは島根県の奥出雲町に
いきます。


動画が見たい方はこちら。

●バイダさんの日本そろばんが好きな理由

バイダさんとそろばんとの出会いは、
ハンガリーのあるテレビ番組でした。

1991年にあるテレビ番組では
日本のそろばんを放送していました。

それを観たバイダさんは感動して
しまいます。


その後、
バイダさんは日本のそろばんの
虜(とりこ)になってしまいました。


いつしか自分でそろばんを作成する
ようになりました。


バイダさんがすごいのは、
日本に一度も行ったことがないのに
自宅の裏側に自らそろばん工房を建築
したことです。


さらに、
必要な機械も全部バイダさん自身で
作成して小さな工場を作成した
ところです。


バイダさん一人でそろばんを
年間約1000挺(てい)製造した
ようなのです。


バイダさんの工場


なぜ
こんなに大量のそろばんを作ったのか
というと・・・

ハンガリーでは、
約4割の小学校でそろばんを使う
そうです。


なんと、
その4割の小学校で使用されている
そろばんをバイダさんが製造した
そうなのです。

●ハンガリーで日本製のそろばんが普及しないわけ

世界と日本のそろばんの比較



そもそも
ハンガリーにそろばんが伝わったのは
日本の教師マルカリアン君枝さんに
よって1990年代に伝わりました。

では、
ハンガリーではなぜ日本製のそろばんを
使用しないのでしょうか。


それは日本製のそろばんは
約4000円するのに対し、


バイダさんのそろばんは約1100円で
購入することができるからだそうです。


バイダさんは
ほぼ原価での販売のようです。


つまり、
経済的な問題で日本のそろばんが
普及しないようです。


そこで
バイダさんはハンガリーの子供たちの
ためにそろばん作りに励むのです。


もうこの時点で
管理人は涙腺崩壊です・・・。
( ノД`)シクシク…


Sponsored Links
Sponsored Links

●そろばんの歴史

日本のそろばんの歴史は
江戸時代から始まりましたが、


電卓の普及によりそろばん人口は
減少傾向でしたが、


最近は見直され、
世界でも40か国以上でそろばんが
普及するまでになったようです。

●そろばん発祥の地・島根県奥出雲



島根県の奥出雲では、
昔から砂鉄が多く取れたことで
製鉄が盛んだったようです。


そのためによい刃物が製造できた
そうです。


そろばんの材料となる木は、
硬いためにそれ相応の刃物が必要
だったのです。


そのため、島根県の奥出雲では
そろばん製造業が栄えたというわけ
です。


バイダさんはこのそろばん工場で
そろばんづくりを学びました。



最後は、
バイダさんはそろばんの伝統工芸士・
内田文雄さんから
ハンマーと鋸(のこ)を
もらい感動していました。


ハンマーと鋸(のこ)

◆雲州そろばん伝統産業会館の場所

雲州そろばん伝統産業会館



雲州そろばん伝統産業会館には、
バイダさんがハンガリーで自己流で
作っていたそろばんが飾られている
そうです。

雲州そろばん伝統産業会館は
1990年に島根県の雲州そろばんの拠点
として雲州そろばん伝統産業会館が
設立されたようです。

★★ご利用のご案内★★

<入場料個人>
一般360円
高校大学210円
小中学生150円


<入場料団体(20名以上)>
一般260円
高校大学150円
小中学校100円


会館時間:10:00~16:30
休館日:毎週月・金曜日
(但し、当日が国民の休日の場合は、
その翌日・年末年始12/28から1/4)

<地図>

今回出演するハンガリー人の
バイダさんはなんと地元ハンガリーに
そろばん博物館まで
作ったすごい達人です!


バイダさんはそろばんを愛し、
ハンガリーの子どもたちを愛する
優しい人ですね。
今後も頑張ってほしいです。




<関連記事>
京たけのこ山田農園:販売場所や通販は?評判や値段は?

Sponsored Links
Sponsored Links