人物

メッテマリット(ノルウェー皇太子妃)の子供や王室の一家を紹介!

メッテマリットというシングルマザーが再婚するのですが再婚相手はノルウェーのホーコン皇太子。
 
テレビ、世界まる見え!テレビ特捜部では、様々な衝撃的な過去を持つメッテマリット皇太子妃のドキュメンタリーを特集します。
 
現在はどのような感じでしょうか。

そして3人の子供や王室一家を紹介したいと思います。

メッテマリット皇太子妃とは

メッテマリット
出典元:https://ja.wikipedia.org/

 
メッテマリットはジャーナリストの父の娘として生まれ、クリスチャンでした。
 
兄2人と妹1人がいますが、幼い頃に両親は離婚します。
 
メッテマリットの少女時代の生活は荒れたものでした。

麻薬に手を染めたこともあったのです。
 
1997年当時交際していた男性との間に男の子・マリウスを身ごもりますが、男性はメッテマリットを捨ててしまいます。
 
メッテマリット今までの生活を改め、麻薬を断ちきり、育児をしながら飲食店で働いていました。
 
猛勉強してノルウェー最高のオスロ大学に入学します。
 
オスロ大学の学生だった頃にホーコン皇太子に出会います。

場所はロックフェスティバルでした。

それからメッテマリットは息子のマリウスを連れてホーコン皇太子と同棲を始めます。
 
日本の王室だったらあり得ないことですがそれはやっぱり海外ですね。
 
シングルマザーだったメッテマリットがホーコン皇太子と結婚するまでの道のりは決して楽なものではありませんでした。
 
ホーコン皇太子とメッテマリッテの交際が深まるにつけ、マスコミはメッテマリットを非難します。
 
メッテマリットは王族とは縁もゆかりもない一般人だったからです。
 

●ホーコン皇太子が結婚しないまま同棲すること

●メッテマリットがシングルマザーであったとこと

●メッテマリットの息子・マリウスの父親が麻薬常習者で服役していること

●メッテマリットも過去に麻薬パーティーに参加した経歴があること

 
メッテマリットはマスコミに次々と暴露され、国民は驚きます。

マスコミからは非難の嵐。
 
2000年12月に正式に婚約が発表されますが、婚約会見でメッテマリットは自らの過去について謝罪しこう言いました。
 
そして、「私の過去を受け入れ難い人がいるのも知っている。過去は変えられないが、これからの私たちをどうか見守っていって欲しい。」
 
この会見で、好感度を上げ、国民の支持を獲得したそうです。
 
結婚までは長かったですが2001年8月25日、オスロ大聖堂で成婚します。
 

スポンサーリンク

メッテマリット皇太子妃の現在は?

出典元:https://ja.wikipedia.org/

 
結婚後のメッテマリットは、公務を積極的にこなしています。
 

●海外訪問し、海外王族の冠婚葬祭に出席。

●ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)で中東・アフリカ関連の講義を受講。

●ノルウェー開発協力局(NORAD)にインターンとして勤務。

●国際連合エイズ合同計画(UNAIDS)の活動に参加

飾らないメッテマリットに国民は好感を持ったそうです。

威張ってもしょうがないですもんね。
 
いろんな過去があったメッテマリッテ。

だからこそ、現在の立場でできる事をして弱い立場の人を助けてほしいですね。

 

メッテマリットの子供について

●マリウス


 
1997年誕生。

麻薬常習者で服役したことのある男性との間に息子・マリウス

●イングリッド・アレクサンドラ


 
ホーコン皇太子と結婚後、2004年に娘が誕生。

名前はイングリッド・アレクサンドラ。
 
イングリッド・アレクサンドラ王女は、ホーコン皇太子に次いで2番目の王位継承者。
 
いずれはノルウェー初の女王となる。
 
どうやら第一子が王位を継承するようですね。
 
日本も柔軟になれば、王位継承について問題が少なくなると思いますが、簡単にはいかないのでしょうね。

●スヴェレ・マグヌス


 
ホーコン皇太子と結婚後、2005年に息子が誕生。

名前はスヴェレ・マグヌス。
 
スヴェレ・マグヌス王子は、イングリッド・アレクサンドラ王女の次に王位を継承します。

当たり前ですが、マリウスには王位継承権はないです。

スポンサーリンク

メッテマリッテの王室一家をご紹介

出典元:http://www.sankei.com/

 
ノルウェー王室一家。

ハラルド国王とソニア王妃夫妻(前列右)、ホーコン皇太子(後列左から3人目)とメッテ=マリット妃(同2人目)ら

●ソニア王妃

メッテマリットとの結婚に一番反対したのはソニア王妃でした。
 
ソニア王妃自身も一般人からの出身だったのですが、さすがにメッテマリットの過去に衝撃が隠せなかったのでしょう。

●ハラルド国王

ホーコン皇太子とメッテマリットとの結婚を承諾したのは、ハラルド国王でした。
 
何とも言えない立場だったでしょうが、息子の幸せを考えたのでしょうね。

孫にも恵まれ安泰ですね。

●ホーコン皇太子

メッテマリットに一目ぼれしてしまったホーコン皇太子。
 
マリウスにも愛情を注ぎ、子煩悩で優しい皇太子。
 
4歳から一緒にいるマリウスにすれば、「お父さん」です。

●マリウス

メッテマリッテの連れ子。

母親が再婚して、一人だけ王位継承がないので、ひねくれた時期もあったかもしれませんが、勉強面では成績もよく、特に大きな問題を起こす事もなくすくすく育ったようです。
 
ホーコン皇太子からの深い愛情をもらったからなのでしょうね。
 
妹、弟の面倒をよく見る、いいお兄さん姿が見られました。
 
今年20歳。彼女もできているそうです。

●イングリッド・アレクサンドラ

ホーコン王子とメッテマリッテの娘。

ホーコン皇太子の次に王位を引き継ぐ。

●スヴェレ・マグヌス

ホーコン王子とメッテマリッテの息子イングリッド・アレクサンドラの次に王位を引き継ぐ。

まとめ

人は過去を変えることはできませんが、未来を変えることはできます。
 
メッテマリッテも過去にはいろいろありましたが、マリウスを授かったことで、未来を変えようと頑張って生きていました。
 
だから素敵なホーコン皇太子に出会って人生が変わりましたね。
 
嘘のような話ですが、本当のシンデレラストーリーです。
 
マリウスも複雑な思いがあるでしょう。

いずれは王室を離れて生活する時がくるかもしれませんが、妹、弟をサポートする唯一の「兄」としての役目がありますから、これからも頑張ってほしいです。

POSTED COMMENT

  1. Ellena より:

    誤字や日本語の取り違えがさらっと読んでいてもあちこち目についたのが気になりました。
    最近はWeb上での誤字は名のあるニュースサイトでも目にすることがありますから、特に気にはしませんが、その理由は「この程度のサイトならまあこんなもんか」という気持ちからであり、気にされない=その程度のサイト だと思われていると思ったほうがいいです。

    王位継承=王位を引き継ぐ、くらいは単語を見ただけで誰でも気付けると思うのですが、「王位継承を引き継ぐのは・・・・・・・・・次に王位継承を引き継ぐのは・・・」と2連発するのは、たんなる誤字ではなく、言葉の意味を理解していないことが見て取れ、このようなニュース発信サイトを運営する者として、どうなのかなあ・・と感じました。
    また、誰が見ても一目でわかる誤字脱字があちこちあるのは、一度読み返すだけでチェックできることのはずです。読み返して打ち直すのにどれほどの時間がかかるでしょうか?10分かからないはずです。たった10分の時間で評価がだいぶ変わると思えば、惜しまず使うべき10分だと思いますが、いかがでしょうか。

    • cocoa-march より:

      Ellenasannさま

      こんにちは。
      コメントをありがとうございます。

      また、大変貴重なご意見をありがとうございました。

      ご指摘の通り、日本語がおかしかったですね。
      早速、訂正いたしました。

      また、お越しいただけると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.