本多有香さんは犬ぞりレースの
犬ぞり使い(マッシャー)です。


カナダに移住しで29匹の犬と超過酷な
犬ぞりレースに人生を捧げる女性です。


今回、本多有香さんがテレビ
「クレイジージャーニーカナダに
移住し「犬ぞりレース」に人生を
捧げる女性として登場します。


そこで、
本多有香は犬ぞり師!
レース賞金や収入源は?
オンリーワンすぎる!


という内容でまとめてみました。


それでは、本多有香さんについて
掘り下げていきましょう。


<関連記事>
塩澤正信:アメリカ人が弟子入りするほどの組子細工とは?

Sponsored Links
Sponsored Links

◆本多有香のプロフィール

本田有香
————————————————-
名 前 :本多有香(ほんだゆか)
生年月日:1972年
出 身 :新潟県
出身大学:岩手大学
職 業 :犬ぞり師 (マッシャー)
————————————————-
キャビンという自らの手で作った
小屋に住み、家族のように犬たちと
暮らす日本人女性が本多有香です。


犬との生活でオンリーワンの
生き方をしている人です。

◆本多有香の犬ぞりのきっかけ

本田有香



医者の家庭に生まれた本多有香さんは
岩手大学3年生の時、
カナダの格安の「イエローナイフで
オーロラを見るツアー」に参加しま
した。


その時に
ちょうど犬ぞりを見かけたそうです。
それは、オーロラよりも感動した
そうです。


その後、
本多有香さんは、
一度日本で就職しますが、
どうしても犬ぞりのことが忘れられ
なかったそうです。


そこで、
カナダの観光局を通してベテランの
犬ぞり師 (マッシャー)を紹介して
もらい、どうにか置いてもらえないか
と交渉し、OKの返事をもらった
そうです。


それで、
1998年、マッシャー(犬ぞり師)に
なるため本多有香さんは、
単身カナダのノースウエスト準州
イエローナイフに渡ります。


実は、
犬ぞり師 (マッシャー)になることに
家族も職場の人もみな大反対だった
そうです。


カナダ出発前には
医師だった本多有香さんの父親が
ガンで亡くなりました。

◆本田有香の犬ぞり師の実力

本田有香



2006年から、
犬ぞりレース
「ユーコンクエスト」(1,600km)に
挑戦します。期間は10日間です。


さらに、
同じくらい大きな犬ぞりレースの
「アイディタロッド」(1,600km)にも
挑戦します。


2012年
ユーコンクエストでは、
初めて完走します。


2015年に
両方ともに完走したのは
日本人女性として初めてだそうです。


それで、
2015年には
「植村直己冒険賞」を受賞しました。


現在はカナダ・ホワイトホース郊外に
住んでいます。
本多有香

Sponsored Links
Sponsored Links

◆本田有香の犬ぞりレースの賞金や資金

優勝者には3万ドルの賞金が与えら
れます。


3万ドルとは、330万円くらいです。


しかし、
このレースへのエントリー料金には
2万ドルの料金が必要だそうです。


これって、どうなんでしょうかね。

◆本田有香の犬ぞり師の収入

本多有香さんは、お金がないので
いろんな仕事をやってきました。


ある時は、ペンキ塗り。
ある時は、ビルの清掃。


・警備員、
・レストランの皿洗い、
・イベント会場でのチケットもぎり、
・ポスター張り、
・花火の打ち上げ人、
・パン工場の夜勤、
・模擬試験採点、
・「たたき売り」
もやったそうです。


スポンサーをつけるためには、
情報を発信していかなくては
いけないそうです。


しかし、
ネットの環境を整備するよりも、
まず水道が欲しいそうです。


人間、
最後は電気よりも水なんですね。。。


確かに。


引っ越しする際にも感じたことが
あります。


電気はすぐ切れちゃいますが、
命に係わる水は本当の最後の時まで
ぎりぎりまで出てきますよね。


人間は、最後は水なんだねって
思ったことありますw

話がそれましたが、
レースに出るためには
2万ドル(220万円)が必要なのです。


アルバイトでは到底足りません。


そこで、
本多有香さんは執筆活動や、
講演活動をされています。
でもこれは日本での資金稼ぎ。


本多有香さんは
資金稼ぎのために、
オーストラリアまで行って、
トマトもぎの仕事もやったそうです。


規模が違います!
ケタが違います!
グローバルです!


<関連記事>
塩澤正信:アメリカ人が弟子入りするほどの組子細工とは?

Sponsored Links
Sponsored Links