沖田臥竜(おきたがりょう)さんが作家としてデビューしました。実は元山口組直系二次団体幹部だった経歴の持ち主で話題です。そこで、沖田臥竜(がりょう)の経歴や人気本は?嫁や家族と正体がヤバイ!という内容でまとめました。
本名や崎田俊昭との関係についても気になります。沖田臥竜さんとはどのような人物でしょうか。
 

スポンサーリンク

◆沖田臥竜のプロフィール

沖田臥竜

http://www.news-postseven.com/
archives/20170805_600673.html
?PAGE=1#container

名 前:沖田臥竜
よ み:おきたがりょう
生まれ年:1976年
年 齢:今年41歳
出 身:兵庫県尼崎市
前 職:元山口組直系二次団体幹部
職 業:作家


沖田臥竜(おきたがりょう)さんの正体は作家です。

ネットでは、本名は崎田俊昭さんではないかという噂です。

◆沖田臥竜の経歴

沖田臥竜(おきたがりょう)さんは20代で指定暴●団組合員になり、山口組直系二次団体幹部「若頭代行」をしていました。

暴走族時代に先輩にくっついて回っているうちに自然とその世界に入ったそうです。

沖田臥竜さんが尊敬していた親分はヤ●ザというよりも「人としてどう生きていけばよいか」を教えてくれた人だったそうです。

その後、その親分が引退されたときに沖田臥竜さんも組織の解散に伴って引退しましたが、いろいろな容疑で逮捕され、合計で12年間も刑務所で生活しています。

もともと本を読むことが好きだった沖田臥竜さんですが、その監獄生活では、本を読むことや本を書くことしかすることがなかったことからいろいろ本を読んでいました。

そのような環境から「暴●団から引退したら小説家になろう」と作家を夢見ていたそうです。

現在は、他の仕事もしながら執筆活動をしています。

2016年10月にはアウトロー小説の「生野が生んだスーパースター文政」を出版し話題になりました。

◆沖田臥竜のトークライブ活動





沖田臥竜さんは、作家の他にも活動しています。

元山口組系組長で投資家として活動する猫組長と共演したり、トークライブのイベントも積極的に行って活動しています。

トークライブでは、二人が犯したことや体験した事件や国内外の刑務所の事情や地下経済の実態などの社会の裏側のリアルな秘話を紹介しています。

スポンサーリンク

◆沖田臥竜の人気本や作品

登場するのは、沖田臥竜さんの兄弟分である「文政(ぶんまさ)」です。

ビルが建つほどの大金をばくちに突っ込んだり、警察のヘリコプターが出動するほどの大捕物を演じます。

大阪の生野区を舞台に裏社会のスターにのしあがっていく文政の半生とリアルな大阪の裏社会が描かれています。



沖田臥竜さんの近著は『2年目の再分裂「任侠団体山口組」の野望』です。

元山口組二次団体の最高幹部だった沖田臥竜さんが内部内部情報をもとに裏社会のリアルな話をつづっています。

◆沖田臥竜の妻や子供(家族)





沖田臥竜さんには妻と子供さんがいます。

きれいな方ですね!

◆沖田臥竜の正体や人物像

沖田臥竜さんは、元山口組直系二次団体幹部出身の作家です。

計12年の監獄生活ではいろいろと過去を振り返って考える時間にだったと思います。

沖田臥竜さんは、人生をやり直すにあたり、いろんな人に助けられていると言っていますが、それは自分が今まで人に何かしてあげたからこそ、逆に助けられているのではないかと思います。


過去は消せませんが、父親の月命日にきちんとお墓参りする姿、親孝行できなかったことへの後悔の言葉からは沖田臥竜さんの優しさが感じられます。

現在は作家として忙し日々の中で、奥さんと出会って子供を授かり、一家の主としてそして良きパパとして生活されていました。


人は人生誰に出会って何を学ぶか行動するのか大事なことだと思います。

ぜひ本を通して多くの人を感動させ続ける作家として頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links