瀬戸大也さんが馬淵優佳(まぶちゆか)さんと結婚されました。馬淵優佳さんは飛び込み競技選手の美人アスリートです。

そこで馬淵優佳の父親や母親は馬淵よしの?経歴や飛び込みの成績と動画という内容でまとめてみました。

美しすぎるアスリートでネットでも話題の馬淵優佳さんとはどのような人物でしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆馬淵優佳のプロフィールや経歴




瀬戸大也と馬淵優佳

出典元:www.sankei.com



名前:馬淵優佳(まぶちゆか)
生年月日:1995年2月5日
国籍:日本
年齢:22歳
出身:兵庫県宝塚市
身長:163cm
血液型:A型
中学:宝塚市立宝塚中学校
高校:甲子園学院高等学校
大学:立命館大学スポーツ健康科学部
   (在学中)
3歳で水泳を始め、6歳から飛込競技を始めたそうです。

馬淵優佳さんは立命館大学在学中の飛込競技選手で22歳の美人アスリートです。

現在、現役大学生だそうですが、厳しいトレーニングもこなす頑張り屋のようです。

中国合宿にも参加し鍛えているようです。

馬淵優佳さんは次女だそうです。きっと美人姉妹でしょうね。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆馬淵優佳父親は?母親は馬淵よしの?

馬淵優佳さんは中国系日本人です。馬淵優佳さんの両親は中国出身だそうですね。

馬淵優佳さんの父は中国上海出身の馬淵崇英(まぶちすうえい)、旧名は蘇薇(スー・ウェイ)です。

日本水泳連盟飛込委員。全日本ナショナルチームヘッドコーチをされています。



実は、馬淵優佳さんの父も飛込王国の中国で飛込競技をされていました。しかし、中国では人数的にも技術的にも飛び込みでのトップの壁は厚かったそうで、19歳で引退し指導者になったそうです。

馬淵優佳さんの父は語学留学で日本に来ました。



その後、元五輪代表の飛込選手である馬淵かの子さんの誘いでJSS宝塚のコーチになりました。留学中に日本人選手の指導をしたのです。

そこで、当時競泳選手だった小学5年生の寺内健を飛込競技選手に転向させ指導したのは馬淵優佳さんの父親の馬淵崇英さんです。

寺内健選手は最年少で日本選手権で優勝し、1996年アトランタオリンピックの代表になっています。



その後、来日して10年たった1998年に帰化して日本国籍を取得したそうです。

馬淵よしのさんは、馬淵かの子さんの娘です。馬淵優佳さんとは血縁関係はないです。

ただ「馬淵」と「飛び込み競技」が一緒だっただけです。

しかし、馬淵優佳さんの父は日本国籍に帰化する時にお世話になった馬淵かの子さんと同じ苗字を選んだのかもしれませんね。

◆飛込競技の成績や実力と動画

2008年:日本選手権辰巳楓佳とのシンクロで高飛び込みと3メートル板飛び込みで2冠。
2009年:日本選手権3メートル板飛び込みで2位。東アジア大会(香港)3メートル板飛び込みで銅メダル。
2011年:世界選手権に出場したが、予選で敗退した。
2012年:インターハイの板飛び込みで3連覇を果たす。



Sponsored Links
Sponsored Links