スポーツ

喜田剛の嫁(妻)の喜田彩子や今現在は?年収や年俸と成績は?

喜田剛(きだごう)選手は元プロ野球選手です。

嫁(妻)の喜田彩子さんがプロ野球選手の妻たちの番組で出演しましたね。

そこで、喜田剛の嫁(妻)の喜田彩子や今現在は?年収や年俸と成績は?という内容でまとめてみました。

テレビ番組は「喜田剛(元阪神~広島~オリックス~横浜)の妻・彩子さんは女子大生でプロ野球選手の妻に!のちに夫が戦力外…無職の夫と2人の子供を支えるために妻が下した決断!」という内容のようです。

喜田剛選手についてご紹介します。

喜田剛のプロフィール

喜田剛
http://npb.jp/

 

名 前:喜田剛

よ み:きだごう

生年月日:1979年10月25日

出身地:福岡県福岡市

身 長:182 cm

体 重:83 kg

投球打席:右投左打

ポジション:一塁手、三塁手、左翼手

プロ入り:2001年 ドラフト7巡目

初の出場:2003年9月27日

最終出場:2010年10月1日

スポンサーリンク

喜田剛の経歴や選手歴


 
喜田剛選手は小学3年生の時に野球を始めます。

当時は投手をしていましたが、沖学園高校に進学すると外野手に転向します。このときの成績は通算32本塁打でした。

地元の福岡大学に進学すると、捕手に転向します。このときの成績は通算9本塁打でした。

喜田剛選手の体格は、身長は182cm、背筋200キロ、握力70キロです。恵まれた体格から長打力を打つのが魅力の選手でした。

実は、喜田剛選手の父親は、元大相撲の力士です。恵まれた体格や運動神経は父親譲りだったようです。

そのため、2001年ドラフト会議では、阪神タイガースから7巡目で指名を受けてプロ野球に入団しました。
 

●阪神時代(2002~2007)
●広島時代(2007~2010)
●オリックス時代(2010)
●横浜時代(2011)
●引退後、
 徳島インディゴソックス(2012)

喜田剛の成績

喜田剛選手の選手歴は2002年~2011年です。

成績は通算239試合で通算打率は2割4分9厘。

通算本塁打は9本です。

 

スポンサーリンク

喜田剛の年俸

喜田剛選手は2002年にプロ野球に入団しましたが年俸はいくらだったのでしょうか。

調べてみると、阪神とオリックスがわかりました。

2005年阪神タイガース:740万円

2010年オリックス:1700万円

 

喜田剛の嫁(妻)や子供

喜田彩子
https://lineblog.me/

名 前:喜田彩子

よ み:きだあやこ

旧 姓:松本彩子

生年月日:1986年2月7日

現年齢:31歳

出 身:奈良県

大 学:神戸松蔭女子学院大学

 
喜田剛選手の妻は喜田彩子さんです。旧姓松本彩子さんです。

奈良県出身の喜田彩子さんは神戸松蔭女子学院大学に通う21歳の大学生だったので、喜田剛選手が阪神タイガース時代に出会ったようです。
 
当時、喜田彩子さんは女性雑誌の読者モデルをしていたので、合コンで出会ったのかも知れませんね。
 
ちなみに喜田剛選手が妻の喜田彩子さんと交際する前は、読者モデルの奥田順子さんと交際していたと噂がありました。

あの体格にあのルックスなのでモテモテだったのでしょうね。
 
そうして喜田剛さんは2007年12月に喜田彩子さんと結婚しました。

喜田剛さんは28歳、喜田彩子さんは21歳の時です。
 
現在は、女の子と男の子の子供がいます。

喜田彩子さんは、モデルとして活躍し、ファッション系のWEBショップのオーナーをしています。
 
喜田剛と喜田彩子

https://ameblo.jp/

 

スポンサーリンク

喜田剛の今現在や年収

喜田剛選手の今現在ですが、2011年に戦力外通告を受けて12球団のトライアウトを受けるも不合格となり、現役を引退しました。

2012年に四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスの打撃コーチに就任しますが、6月に辞任しています。

2013年にスポーツ用品メーカーのアンダーアーマーに入社し、ショップ店長として勤務しているようです。

喜田剛さんの年収を調べてみました。

アンダーアーマーのショップ店長の平均年収は500~600万円くらいのようです。
 


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.