グルメ

インスタ映えする東京都世田谷区のカフェや飲食店を厳選!場所やメニューも!

東京世田谷区は有名人も訪れるカフェや散策スポットとしても有名ですが、インスタ映えするメニューがあふれる飲食店が多くて話題です。

そこでインスタ映えするカフェや飲食店の場所やメニューをご紹介します。

インスタ映えするメニューとはどのようなものでしょうか。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

【カフェ&バルY’s三軒茶屋店】


 
店 名:カフェ&バルY’s (ワイズ)三軒茶屋店
住 所:〒154-0024 
東京都世田谷区三軒茶屋2-38-10 
電 話:03-6322-6825
時 間:ランチ 12:00-16:30
ディナー要予約
定休日:水曜日、日曜日

●お店のロケーションと店内の雰囲気

カフェ&バルY’sは、田園都市線の三軒茶屋駅からも世田谷線の西太子堂駅からも徒歩10分以内で行くことができて住宅地内の静かな通りにあります。

店内は全16席と小さめですが、Wi-Fiもコンセントも完備されています。

日の入るのんびりした平日の午後がオススメです。

夜はバルなので黒板にはおしゃれにメニューが書かれてあります。

●メニューのこだわり

ランチメニューは1000円から「本日のプレート」がありますが、カフェ時間のお茶とパンケーキもオススメです。

コーヒーからジュースまで、種類は多くないながらも、ゆずジンジャエールやリッチ抹茶ラテなど500円前後でこだわりのメニューが楽しめます。

パンケーキは、プレーンパンケーキやさっぱりしたレモンパンケーキ、ベリーパンケーキからどっしりとしたキャラメルやチョコレート系などあり、季節の素材を使った限定の季節のパンケーキメニューもあったりします。

●人気メニュー「紫色のパンケーキ」


 
メディアで話題沸騰の話題の紫色のパンケーキと言えば、「ウベパンケーキ」です。

このカフェで何よりも写真に収めたいインスタ映えメニューと言えば「ウベパンケーキ」です。

紫色のソースがかかったそのパンケーキは、見た目もインスタ映え抜群です。

なによりも見た目からは想像できないおいしさで大満足の一品。

値段は1280円(2017年8月時点)でリーズナブルです。

「ウベ」とはフィリピン語で「紫山芋」を意味します。

芋と聞くと胃に重たいイメージがありますが、このウベソースは自然の甘味があってさっぱりとしています。

パンケーキ自体もフワッフワで、一人でもペロっと食べられますよ。

インスタ映えに加えて、お芋なので美容と健康に良いので、女性にとっては一石二鳥ですね!

●お店の場所

スポンサーリンク

【サンデーブランチ 下北沢店(SUNDAY BRUNCH)】

 
店 名:サンデーブランチ 下北沢店(SUNDAY BRUNCH)
住 所:東京都世田谷区北沢2-29-2 フェニキアビル 2F 
電 話:03-5453-3366
時 間:11:00~21:00
定休日:なし

●お店のロケーションと店内の雰囲気

小田急線の下北沢駅北口からから徒歩5分ほどのところにあります。

広々とのんびりとした雰囲気が流れた店内は居心地が良く、ついつい長居をしてしまいます。

●ラインナップ豊富でオシャレなメニュー

季節によって時々メニューが変わります。

旬の食材を使った素朴な味わいと、バラエティ豊富なケーキの種類がスイーツ好きにはたまりません。

ランチセットは1000円ちょっとで、どれも健康的でお得感のあるメニューです。

●スイーツやケーキがインスタ映え!


 

サンデーブランチのケーキと言えば、まっかな「ベリータルト」です。

そのほかにも季節ごとの果物を使用した色とりどりのケーキが用意されており、どれも目移りしてしまうほどおいしそうです。

ケーキももちろんおいしいのですが、ここの「フレンチトースト」が絶品です。

フワフワでボリューミーかつホイップの溶け具合が良い感じにインスタ映えします。

 

●場所


 

 

【WOODBERRY COFFEE ROASTERS ウッドベリーコーヒーロースターズ】


 
店 名:WOODBERRY COFFEE ROASTERS
(ウッドベリ ーコーヒー ロースターズ)
住 所:東京都世田谷区玉川台2-22-17
    スプリングヒルズ 1F 
電 話:03-6447-9218
時 間:9:00~19:00
定休日:不定休

●お店のロケーションと雰囲気

田園都市線の用賀駅から徒歩5分もかからないところにあります。

店内は狭めですが、路面に面しているので見つけやすく、また天気の良い日は外で外のベンチでのんびり過ごすことができます。

店内には麻袋や販売用の豆があふれており、コーヒー好きにはたまらない空間です。

●コーヒーにこだわったシンプルなメニュー

わたしが訪れたときには、そんなにたくさんのメニューを見なかった気がします。

さすがこだわりの農園から豆を仕入れているだけあって、ブラックコーヒーはお客さんの好みに合わせたものもアドバイスしてくれます。

●ラテアートドリンクとコーヒーに溢れた店内がインスタ映え

こじんまりした店内に溢れるコーヒー豆やコーヒーメーカーは、海外のオシャレなお店を連想させます。

そのプロフェッショナルな雰囲気と思いやりのある素朴なラテアートがインスタ映え☆
 


 

 

●場所


 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.