国会議事堂内でパンを販売している
国会の小さなパン屋さん。


焼きそばパンとハムカツが、
たけしのニッポンのミカタ!
【こんな所になぜ!?
隠れた名店&名人スペシャル】で
紹介されるようです。


そこで、
国会議事堂内で焼きそばパンや
ハムカツを販売する会社やパン屋の
場所はどこ?
という内容でまとめてみました。


番組内容には
有名スポットの死角で懐かしの味の
名店、政治の中心・国会議事堂内に
あるパン屋と紹介されています。


学校の売店のようなレトロな
雰囲気を感じさせる、昔ながらの
パンが美味しいと人気で話題の
ようです。


<関連記事>
ウサギ食パン:兎座Lepusのウサギ食パンの値段やお店の場所はどこ?評判や予約
俺のベーカーリー食パン:俺のBakery&cafeの混雑時間や食パンの予約方法は?

Sponsored Links
Sponsored Links

◆国会議事堂内のパン屋

焼きそばパン

イメージです



国会議事堂内にセブンイレブンが
あるそうです。


国内で唯一の24時間ではない
平日営業のコンビニ。


その後、
これに対抗してローソンもできた
そうです。


そんな環境の中で、国会議事堂内には
パン屋があるそうです。


ハムカツサンドや焼きそばパン、
あんドーナツなど昔ながらの
調理パン。


そんな調理パンが
昔風の小さいショーケースに
60種類くらい並んでいるそうです。


人気は焼きそばパンとハムカツ。


看板も小さなパン屋なので、
パン屋があると気づかない人もいる
くらいだとか。


パン屋の会社は文京製パン。
昔風の手作りパンを作られています。


もともとは、議員会館内の地下で
お店をしていたパン屋でした。


今は国会議事堂内に移動したそう
ですね。

◆国会議事堂で販売している焼きそばパンと会社

イーグル文京のパン



国会議事堂で販売している
やきそばパンは、見た目レトロだけど


ゆで卵がのっていて、青のりと、
紅しょうがたっぷりで、
なかなかおいしいと評判だそうです。


国会議事堂で販売しているパンを
作っているのは、
小さなパンメーカー・文京製パンです。


————————————————
名称:文京製パン株式会社
住所:東京都文京区小石川3-2-3
社長:春日幸八
————————————————-


なんと創業68年の老舗です。
先代から引き継いだ
長年愛されるお店だそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆国会議事堂内で同じパンを買えるお店の場所はどこ?

イーグル文京


国会議事堂まで焼きそばパンを
買いに行くのはなかなか難しい
ですね。


そこで、文京製パン株式会社が
他で販売しているパン屋の店舗を
調べてみたのでご紹介します。
—————————————————–
名前:文京製パン・イーグル文京
住所:〒112-0002
   東京都文京区小石川1丁目9−6
電話:03-3811-2874
営業:8:00~18:30
定休日:日曜日
—————————————————— 

◆まとめ

・国会議事堂の昔ながらのパンは
 文京区のイーグル文京でも販売
 している!

・国会議事堂のパン屋の会社は
 創業68年の老舗のパン屋である!



<関連記事>
ウサギ食パン:兎座Lepusのウサギ食パンの値段やお店の場所はどこ?評判や予約
俺のベーカーリー食パン:俺のBakery&cafeの混雑時間や食パンの予約方法は?

Sponsored Links
Sponsored Links