神谷真帆(かみやまほ)さんと平山義樹(ひらやまよしき)さんはザ・ノンフィクション「上京物語」の主人公です。

故郷を離れ上京する男女の夢と葛藤を描く番組に登場します。

今回はザ・ノンフィクションの「上京それから物語2018」に出演します。

そこで、神谷真帆と平山義樹の今現在の画像やその後は?寿司屋のお店の場所は? という内容でまとめました。

過去に「上京物語2015~仲間~」「上京物語2017~僕たちが選んだ道~」もありましたので過去の放送内容もご紹介します。

神谷真帆さんと平山義樹さんのその後の今現在が気になります。


<関連記事>
マキとジョン:ゲイのマキさんとレズのジョンさんのあべこべ夫婦!
大林弘明(大林ファーム):経歴や家族は?牧場の場所や育てた馬は?
田中その子:整形の画像比較や身長と高校は?整形シンデレラ
後藤 華 :整形の画像比較や高校は?引きこもりは克服?

Sponsored Links
Sponsored Links

◆ザノンフィクション上京物語の登場人物

●平山義樹プロフィール

名前:平山義樹
   (ひらやまよしき)
生年月日:1997年3月9日
年齢:21歳
出身:鹿児島県離島徳之島
職業:板前(修業中)
勤務:寿し処阿部入社(2015年)→退社→→寿し処貴将へ
     
   

●神谷真帆プロフィール

名前:神谷真帆
   (かみやまほ)
兄弟:男女の双子の姉 
年齢:21歳あるいは22歳
出身:鹿児島県離島徳之島
職業:板前(修業中)
勤務:寿し処阿部入社(2015年)→退社→スーパーレジうち→寿し処阿部に戻る

●平山大成プロフィール

名前:平山大成
   (ひらやまたいせい)
年齢:21歳あるいは22歳
出身:鹿児島県離島徳之島
職業:スーパー就職(2015年)→退社→千葉県へ

●天白涼介プロフィール

名前:天白涼介
   (てんぱくりょうすけ)
年齢:23歳~25歳
出身:小笠原諸島父島
職業:板前
勤務:寿し処阿部入社(2013年)→寿し処貴将 →寿退社
その他:結婚されました

●吉川貴将のプロフィール

名前:吉川貴将
職業:板前
役職:寿し処貴将のオーナー
その他:妻と子供がいる

◆前回放送の上京物語2015~2017

平山義樹と神谷真帆の上京前

前回の放送では鹿児島県徳之島で育った平山義樹さんと神谷真帆さんが高校卒業後、「意気な寿し処阿部」で板前修業するために東京での就職が決まったことからストーリーが始まります。

平山義樹さんは「都会に出てみたい」の一心で東京行きを決めましたが、一方で板前修業に備え、地元徳之島のホテルでアルバイトをしながら調理を覚えようとやる気満々の神谷真帆さん。

神谷真帆さんは、上京する前に東京のスーパーに就職が決まって一緒に東京行きが決まっていた彼氏の平岡大成さんの家で頑張ってこいと盛大に祝ってもらいます。

そして神谷真帆さんは、平岡大成さんを神谷真帆さんのお父さんに紹介しますが、お父さんは平岡大成さんに「まだ手しか握ってないんやろ?」「それ以上やったら・・・。」お父さんはもう沸騰しそうな状態ですw



またお父さんは神谷真帆さんに「板前になれるの?」「女で職人になるなんて半端じゃないからね。」と厳しい一言を言われ、泣いてしまいます。

確かにお父さんが言っていることは正しくて、その後、働きだしたら、その言葉が神谷真帆さんに突き刺さることになります。

お父さんは板前職人になる厳しさを知っていること、神谷真帆さんが徳之島から離れていくこと、彼氏の平岡大成さんの存在によって、なかなか神谷真帆さんの夢を認められなかったのでしょうか。

平山義樹と神谷真帆の板前修業

平山義樹さんと神谷真帆さんは東京広尾の「意気な寿し処 阿部」に就職し同僚になります。平山義樹さんは接客や厨房での仕事になかなかなじめません。

対照的に、神谷真帆さんは高校生の頃からバイトをしていたということでテキパキと仕事をこなします。

神谷真帆さんの仕事の要領の良さは一目瞭然です。毎日覚えることだらけの中、きちんとメモした内容を振り返って頭に叩き込もうとする真面目な性格です。一緒に働いている人も「助かっています」とまで言っていました。



店主の阿部さんは仕事で苦戦している平岡義樹さんについて「悪そうでいいですね。」「自分のポリシーや我があるぐらいのほうがこの世界ではやっていける。」と感想を語っています。

一方、神谷真帆さんについては、「真面目過ぎてなんでも全部受け止めちゃうと、自分で持ちこたえられなくなって心が折れてしまう可能性があるから心配だ」とのこと。

この言葉は悲しいけど現実となります。やはり、店主の阿部さんはすべて見抜いていたということですね。



ある日、平山義樹さんは先輩の天白涼介さんに飲みに誘われ、仕事について教わることになり、先輩たちに可愛がられるようになります。

それからというもの、苦手であった接客の仕事も前向きになっていきます。平山義樹さんは「早く仕事を覚えたら先輩のためにもなるし、自分のためにもなる」と語ります。

一方、神谷真帆さんは女性ですが、周りは男性だけで気軽に話せる人もいなかったのか、ふさぎ込んでいました。



そこで、平山義樹さんは神谷真帆さんと公園で2時間くらい話をします。どうやら何気ないことや気軽に話せる人と話をしたことで気分が紛れたようです。

平山義樹さんは神谷真帆さんとの仕事について、「フォローしつつ自分が大変なときはフォローされるような仕事がしたい」と語ります。

また神谷真帆さんの恋人である平岡大成さんは、彼女に会おうと店に通うようになり「真帆の笑顔が輝いてる」と連呼しますww


神谷真帆の上京後の様子

しかし、ある日、神谷真帆さんは店主の阿部さんに「仕事をやめたいです。」とのメールを送信しています。そして店主の阿部さんは神谷真帆の気持ちを詳しく聞くために話し合いをしますが、神谷真帆さんは「仕事は思っていた以上だった。自分の考えが甘かった」と言います。

神谷真帆さんは、唯一の同郷で知り合いの平山義樹さんにも辞めることについて相談も何も伝えていませんでした。

さみしさと仕事の不安や悩みを相談する身近な人がいなくて、おそらく精神的に相当きつかったんだと思います。平山義樹さんは同僚と楽しそうに仕事をしているけど、神谷真帆さんはなかなか打ち解けることができなかったから・・。

上手く同僚と振る舞いながら仕事をこなしていく平山義樹さんに距離を感じ始めて、もしかしたらもう限界だと思ったのかもしれませんね。


神谷真帆さんは上京して同じ職場の寿司屋で互いに支えあいながら、平山義樹さんと共に同じ板前の夢を追いかける仲間のはずでした。

しかし、神谷真帆さんは板前修業をあきらめ、「意気な寿し処 阿部」を退職します。

神谷真帆さんは、厳格な父がいる鹿児島県の徳之島には帰らず、母親が住んでいる和歌山県に行きます。実は、神谷真帆さんの両親は、神谷真帆さんが幼い頃に離婚していました。



ただ、神谷真帆さんは和歌山県で特にしたいことが見つからず、スーパーのレジをしていました。

神谷真帆さんは、「意気な寿し処 阿部」を辞めたことを後悔していました。「退職して自分はいかに人に気を遣ってもらっていたのかがわかった」と言っています。

こう語る神谷真帆さんは、きっといろんなことを考え経験し「板前」への夢や「意気な寿し処 阿部」への思いが忘れられなかったのではないでしょうか。

そんな神谷真帆さんは、大胆な行動に出ました。なんと、和歌山県から東京に戻り「意気な寿し処 阿部」戻ってきたのです。板前になる夢を実現すべく、一からやり直すというのでした。



そして、神谷真帆さんの2度目の上京物語が始まりました。

普通なら戻りにくいと思います。しかし、それだけ「板前」への夢や「意気な寿し処 阿部」への思いが強かったのでしょうね。

自らやめたいと言って退職した会社にあえて戻るなんて、神谷真帆さんらしいなと思いました。またそんな神谷真帆さんを受け入れる店主の阿部さんも器の大きな人だと思いました。

平山義樹の上京後の様子

一方で、マイペースの平山義樹さんは、上京後、仲間もでき仕事も上手くこなして慣れていました。可愛がってくれる2歳年上の天白涼介さんにも目をかけてもらっていました。

実は天白涼介さんも島から上京した若者でした。境遇が似ている平山義樹さんを過去の自分とダブって見えたのかもしれませんね。

そうして、仕事帰りも一緒に食事をするほどの仲になっていました。


神谷真帆さんがお店を去っても板前修業に明け暮れていた平山義樹さんでしたが、ある日、予想もしない方向に。

バイタリティにあふれ、憧れだった吉川貴将先輩が店を辞め白金で独立することに影響されます。

そのお店で働くことを決意した天白涼介さんに誘われた平山義樹さんは、誰よりも早く出世するために独立を夢見て吉川貴将先輩のお店で一緒に働く道を選びます。

他の寿司屋とは違う都会的な店で絶対に成功すると意気込んでいました。



しかし、現実はそう甘くはありませんでした。はじめは良かったのですが、次第にお店は暇になっていきます。

天白涼介さんは、「給料が安いからフルタイムのアルバイトをするために週に2日は休む」と突然平山義樹さんに宣言します。

また、ある日、天白涼介さんと平山義樹さんは二人で「意気な寿し処 阿部」に行きます。二人の様子を知った前の店主の阿部さんが声をかけたのでした。



店主の阿部さんが二人に調子はどうかと尋ねます。

それに対し、天白涼介さんは「店長をしているが、いろんな経験をさせてもらっている。そして正直な話、(平山義樹さんが)退職せずにもう少しお店に残った方が勉強になることが多かったと思う。」と聞き捨てならない言葉を言います。

それは、そうですよね。天白涼介さんは、平山義樹さんに「誰よりも早く出世してやろうぜ」と言って新しい店舗に誘っておきながら、「本当はまだ退職せずに学んでいたほうがよかった」と発言したのですから。

自分のことを考えて誘ったり発言してくれたのではなかったとショックを受けますよね。こうして平山義樹さんは「人は信用ならない」と学びます。

次第に平山義樹さんと天白涼介さんはすれ違いに・・・。

さらに、1か月後、天白涼介さんは結婚を機に退職します。守る人がいるために福利厚生のしっかりした職に就くのだそうです。こうして平山義樹さんは新しい店舗でオーナーと二人だけになります。


このような内容で前回は終わりました。

一体、平山義樹さんの上京物語はどのように進んでいくのでしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆平山義樹のその後の今現在

(お姉さんと平山義樹さん)



平山義樹さんは、髪にパーマをかけたりおしゃれな男性になっていますね。一緒にいるのは実のお姉さんのようです。

平山義樹さんは、「意気な寿し処 阿部」を退職し、「寿し処 貴将」で働くことを選択し働いていました。

その後、自分を誘った天白涼介さんがいなくなり、「寿し処 貴将」でオーナーと二人で頑張っていましたが、閉店となりました。



それを知った前店主で親方の阿部さんは、平山義樹さんに声を掛けます。

親方の阿部さんは、1番弟子の中村導昌さんが店主を務めるお店、「鮨心(すししん)」を紹介したのでした。

現在、平山義樹さんは、高級すし店の「鮨心(すししん)」でお寿司を握ったり、お料理を作ったりして板前になるべく頑張って働いています。



どおりで!

少し前まで平山義樹さんはSNSの投稿がピタッと止まっていたのでみんな心配していたのです。つい最近SNSに投稿された内容は、お寿司以外にも魚介料理が多くなっていたわけです。

平山義樹さんの今後の活躍が楽しみですね。

●鮨心(すししん)

鮨心の場所は、なんと平山義樹さんが以前入社していた「意気な寿し処 阿部」から歩いて1分の場所にあります。

場所は広尾ですが、周辺には在日フランス大使館や慶應義塾幼稚舎、天現寺が近くにあります。

鮨心は、「鮨心」と「鮨心 はなれ」があります。



店舗名:鮨心(すししん)
電 話:03-3280-3454
営 業:12:00~14:30(最終入店13:30)
    17:30〜24:00(最終入店22:00)
定休日:年中無休
住 所:東京都港区南麻布4-12-4プラチナコート広尾1階


<場 所>





店舗名:鮨心(すししん)はなれ
電 話:03-6434-0326
営 業:12:00~14:30 (最終入店 13:30)
17:30~24:00 (最終入店 22:00)
定休日:年中無休
住 所:東京都港区西麻布3-17-20 LY西麻布1階
<場 所>

●鮨心の口コミや評判

鮨心は、お寿司や魚介料理、海鮮料理を提供してくれるお店です。食べログでも3.59もある評判のお店です。

広尾で贅沢できるお寿司屋さんであることは間違いありません。また、親方の阿部さんの第一弟子がオープンさせたお店ですから、人気のお店に間違いありません。

実際に、口コミでもいつ行っても混雑している、美味しい鮨屋、くつろいでお鮨が食べられるお店、という声が寄せられています。それだけ人気ということですね。

早速食べログを見ると、「うどんが主食」さんも来店されていました。さすが食べログフォロワー数人気NO.1の方ですね。

・初めにネタ箱を見せてくれたのですが、仕事を施したネタを綺麗に並べてあり好感が持てます。握りはシャリは固め。塩はきつめに感じましたが光物にはちょうどよかった。もちろん気にはならない程度ですが、総じて光物も漬けも味は濃い目に感じた。

にぎりが目の前に置かれたときにネタがささくれ立っていたりしてネタの切り付けがちょっと雑なのかな?と思ったりもしましたが、バランスとしては悪くないと思います。

接客は申し分なく、爽やか、かつ優しい対応で従業員もよく教育されており申し分ないです。食べる者をホッとさせるので人気が出るのもなんとなくわかります。(うどんが主食)
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13076593/dtlrvwlst/B202369262/?use_type=0&smp=1#54199551

◆神谷真帆のその後の今現在

出典元:https://twitter.com/



神谷真帆

YouTube



一度目の上京では、都会になじめずに途中でやめたしまった神谷真帆さん。

幼い時に別れた母親の住む和歌山県で生活しますが、親身になって支えてくれていた親方のいるお店に戻ります。

「意気な寿し処 阿部」から離れて他の仕事を経験し、やはり板前になりたいと思ったようですね。神谷真帆さんは、親方の阿部さんに頭を下げて戻ってきました。

二度目の上京で神谷真帆さんは、最初は「意気な寿し処 阿部」で働いていましたが、親方の阿部さんの計らいで、イタリア料理や和食を提供する阿部さんのお店で働くことになります。


そのお店は「意気な寿し処ABELIA(アベリア)」です。

板前を目指す神谷真帆さんにとって、ここなら、イタリア料理も日本料理も勉強できるという親方の配慮で働き始めます。

たしかに、イタリア料理の「意気な寿し処ABELIA(アベリア)」なら女性も多く働きやすいですし、料理についても幅広く勉強できますよでね。

さすが、親方。いつも優しく見守ってくれて、何でも分かっていますよね。


しかし、一度挫折するも目標がはっきり定まって戻ってきた神谷真帆さんに、親方は以前より厳しく指導していました。

親方の期待や気持ちがわかる神谷真帆さんは「何もできない自分が嫌いだ。(彼氏の)大成も頑張っているし、とにかく今は頑張ると決めている」と語っていました。

今回の神谷真帆さんは、不安や迷いがなく、目標に向かって前進している姿が印象的でした。彼氏の平山大成さんともうまくいっているようですから、今後の成長も楽しみです。

次回テレビ放送が楽しみですね。

●意気な寿し処ABELIA(アベリア)

店舗名:意気な寿し処ABELIA(アベリア)
電 話:03-6441-2838
営 業:18:00~翌3:00(L.O.2:00)
定休日:日曜日
住 所:東京都港区六本木3-17-2 MF六本木3F


<場所>

◆神谷真帆と平山義樹が働いていたお店

●意気な寿し処阿部(広尾別館)

意気な寿し処阿部(広尾別館)



住 所:東京都港区南麻布4-2-38
    佑浩寺ビル 1F~2F
電 話:03−3440−5088
定休日:年中無休
時 間:
[月~金]11:45〜15:30
    18:00~翌5:00

[土]  11:45~14:30
    17:30~翌5:00

[日・祝]11:45~14:30
    17:30~0:00

※昼は15分前、夜は30分前ラストオーダー



<地図>





<関連記事>
マキとジョン:ゲイのマキさんとレズのジョンさんのあべこべ夫婦!
大林弘明(大林ファーム):経歴や家族は?牧場の場所や育てた馬は?
田中その子:整形の画像比較や身長と高校は?整形シンデレラ
後藤 華 :整形の画像比較や高校は?引きこもりは克服?

Sponsored Links
Sponsored Links