酒井響希くんは全盲のドラマーです。唯一楽しめる任天堂ゲーム「リズム天国」シリーズすべてを全パーフェクトでクリアする腕前です。このたび発売元の任天堂に今後の要望の手紙を書いたところ、返信の手紙が届いたという神対応が話題になっています。

そこで、酒井響希は全盲ドラマー!演奏動画や家族と両親は?手紙が感動的!という内容でまとめてみました。

酒井響希くんについて掘り下げていきたいと思います。



<ドラムつながりの関連記事>
にゃんごすたー:ドラマーのゆるキャラの中の人の正体が判明!名前の由来は?
むらたたむ  :本名や大学と身長は?にゃんごすたーとの紅演奏動画

Sponsored Links
Sponsored Links

◆全盲の酒井響希くん

全盲の酒井響希

出典元:https://www.instagram.com

酒井響希くんは1歳半の時に眼の検査をしたところ、「両眼性網膜芽細胞腫」という小児がんがあることがわかったそうです。それからあらゆる方法で、できる限りのことをしていたそうですが、がん細胞が両目から転移していることがわかったそうです。

主治医からは「命をとるか両目をとるかどちらかを選んでください」と告げられ、酒井響希くん家族は命を優先して酒井響希くんの両目を摘出する決断されました。そうして酒井響希くんは2歳の時に全盲になりました。

酒井響希くんのご家族は本当に悩まれたのではないでしょうか・・。

ご両親はご自身を責められたのではないでしょうか・・。

ものすごくつらい思いをされたのではないでしょうか・・。

酒井響希くんも2歳の頃はあまり覚えていないかもしれませんが、突然目の前が暗くなるという・・・。

私はまたこの記事を書きながらウルウル涙腺が・・・。

◆酒井響希くんの素晴らしいご両親

酒井響君の両親

出典元:https://www.instagram.com

酒井響希くんのご両親のコメントが秀逸すぎます。コメントをご覧ください。本当に本当に素晴らしいお言葉です!

「両目を摘出する手術を受けたのは約8年前ですが、この時はつらくて泣く毎日でした。しかし響希が前向きに生きようとする力が私たちに光を届けてくました。一般的には、障害=不幸・大変みたいに思われがちですが、障害があっても不幸ではなく、障害に負ける心が不幸なんだと響希が教えてくれています。全盲という宿命を使命に変えることで世界に勇気と希望を届けられるドラマーになってほしい。」

この答に辿り着くまでは本当に相当に悩み苦しまれたのではないでしょうか・・・。

酒井響希くんは本当にいいご両親の元で育っているな~。酒井響くんの前向な姿にただただ感動しっぱなしです。

◆酒井響希くんがドラマーになったきっかけと動画

酒井響希くんは全盲なので、自宅の壁や床などを叩いて音を楽しむしかなかったそうです。物を叩いては「これは何?」と音で確認していたそうです。

そうしてご近所の友人がドラムを持っていたことを思い出して酒井響希君が3歳の時に試しに叩かせてもらったそうです。

その時の酒井響希君は、迫力のある音にとても感激し、ドラムを叩きたいと訴えるようになったそうです。そのドラムを叩く姿を見て、ご両親は酒井響希君にドラムのセットを購入されたそうですね。

4歳になってから、ドラムのレッスンをはじめたそうです。月3回のレッスンで見事に上達されてようですね。

そんな酒井響希君が唯一遊べたゲームが任天堂の「リズム天国」だったそうです。なんとシーズをすべてパーフェクトにクリアしているそうです。そこで、任天堂にお手紙を出したそうです。酒井響希くんが任天堂に送った手紙は点字です。




◆酒井響希くんが任天堂に送った手紙。


任天堂さんへ

はじめまして。僕は小学5年の酒井響希です。

僕は目が見えないけど僕も皆と同じようにゲームがしたいとずっと思っていました。でも僕ができるゲームはほとんどありませんでした。

その中で、僕が唯一できたゲームがリズム天国です。そのゲームだけは皆と一緒に楽しくできるし、このゲームは誰にも負けませんでした。

ゲームボーイアドバンス版もDS版もwii版も3DS版もすべてパーフェクトをとる事ができました。

なのでこれからもリズム天国を絶対に絶対に出して欲しいです。もう少し難しくても大丈夫です!!

僕以外にもゲームがしたくてもできない視覚障害の子がきっといると思います。

だから体にハンデがあっても皆と一緒に楽しめるゲームを是非開発して欲しいです。これからも任天堂さんを応援します。

◆任天堂から酒井響希君に届いた手紙

酒井響希君に届いた手紙

出典元:https://www.instagram.com

この度は、任天堂あてに温かいお手紙を送っていただき、ありがとうございます。

「リズム天国」「リズム天国ゴールド」「みんなのリズム天国」「リズム天国 ザ・ベスト+」の全てでパーフェクトを取ることができたと、響希君がこのシリーズを楽しんでくれたことが伝わり、とても嬉しく思います。

響希君から頂いたお手紙の内容は任天堂の開発部門へ報告いたします。これからも、みなさまに喜んでいただけるゲームを作っていきたいと思いますので、応えんよろしくおねがいいたします。

これに対し、
Twitter上では「ドラムをやっているとやっぱりリズム感がいいのかな? すごい!!」や「さすが任天堂」など賞賛の声が寄せられました。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆酒井響希君の家族

酒井響希君の家族の家族は5人家族のようです。

父・母・姉(中1)・本人(小5)・妹(小2)です。仲の良い家族で、いつもみんな一緒です。キャンプやライブ、海、あちこちによく家族で出かけておられます。本当に家族仲の良い、温かいご家族です。

◆酒井響希君の才能

ドラムの才能のすごさはわかっていただけたかと思いますが、酒井響希君の才能はそれだけではありません。作文コンクールに3年連続で入賞しています。小学4年生の時の作文のタイトルは「声」です。本当に感動する作文です。
この作文を読んでまた、私は涙がウルウル・・・。

全盲だからと、ねたむのではなく、これからをどうやって前に進んでいけるのかと前向きな姿勢に深く心打たれる作文でした。「諦めたらいけない」まさにその通りで、酒井響希君はすでに大勢の方を勇気や希望や感動を与えていると思います。

●酒井響希君の小学4年生の作文「声」

今年もこの季節がやってきました! 毎年恒例になった今年の夏休みも「少年少女きぼう新聞」主催の作文コンクールに点字で書いた作文を応募した所、全国7000作品の中から一昨年、昨年までの入選より上のビクトリー賞を授賞しましたとの連絡を先日編集長さんから頂きました㊗🎊 ビクトリー賞は上位15作品以上でしかも3年連続入選以上は史上初だそうです😆👍 作文タイトルは「声」です。 全盲ということをハンデとも考えずに毎年健常者の子ども達と同じ土俵で長男らしくチャレンジし結果を出す長男にまた大事な事を作文で教えられました😊 何事も「絶対に諦めたらあかん」で我が家はいきたいと思います💪 12月には東京である授賞式にも参加してきます🙋 最後に「ひび、ホンマにいつも勇気をありがとう!」 #全盲ドラマー #totallyblinddrummer #小児がん #小児癌 #網膜芽細胞腫 #視覚障がい #視覚障害 #全盲 #impairedvision #10歳 #10yearsold #少年少女きぼう新聞 #少年少女きぼう新聞作文コンクール #作文コンクール #入選 #3年連続 #史上初 #ビクトリー賞 #声 #絶対に諦めたらあかん #負けじ魂

Kentaro Sakaiさん(@kentarock_1020)がシェアした投稿 –

「声」4年 酒井響希
皆さんは家族や友達を認識するのに何を頼りに見分けますか?

僕は目が見えないので、声や匂いで認識します。声には、高い声、低い声、真剣な声、楽しい声などしゃべり方も人それぞれ特徴があります。

初めて会った人と話をする時は緊張もするけれど、その人の声を聞いて「この人はどんな人なんだろう?」と色々と想像を膨らませます。

そして、会話をしていくうちに少しずつ相手を知る事ができて楽しい気分になります。会話は人と人とがより仲良くなれる力があり、会話の持つ力は無限大に広がっていくと思います。

そのためには人と会って会話をすることが一番大切だと思います。

僕は多くの人の声を聞きますが、一番耳にする声はお母さんです。お母さんとは、学校の事、今日の晩御飯の事、音楽の事、将来の事など毎日たくさん話をします。お母さんは目の見えない僕の目の代わりとなって、声で多くの事を教えてくれます。

そのおかげで、大きなけがもせずに、たくさんの知識を得て成長することができました。

お母さんが言った言葉の中で一番僕が好きな言葉は「絶対にあきらめたらあかん」と言うことです。あきらめてしまったら、そこから先には進めないから、僕はこの言葉をこれから先、更に生かして、どんなことがあっても絶対に乗り越えていきます。

そして、これからは僕の声で皆を幸せにしていきます。
僕は負けない!僕はがんばる!

だから、皆さん、僕の成長にこうご期待!!

●酒井響希君の小学3年生の作文「見えない世界」



「見えない世界」3年 酒井響希

僕は2さいの時に小児がんで目が見えなくなりました。よく人から「見えないって、どんな感じ?」と聞かれます。

色や家族、友達の顔やアニメのキャラクターはわからないけれど、でも詳しく説明してもらうと後は自分の頭で想像して、体で感じて楽しむ事ができます。

見えない事の良い所は、暗闇でも本が読める。高いところに登っても全然こわくない。海や山などの自然を体で感じられる事です。

目が見えていても、見えていなくても、僕には違いがないと思います。できない事は努力や工夫をして人の倍練習をすればできるようになるからです。

ぼくは、4歳の時からドラムを習い始めました。音楽はすごく楽しい。音楽は人を勇気づけたり、新しい道を開いていく力があります。

ぼくの大親友が「音は科学が進歩しても目には見えない。耳で心で体で聞くもの」と教えてくれました。

ぼくは将来、プロドラマーとして世界中で演奏をするのが夢です。人に勇気を届けられるドラマーになります。

ぼくは多くの人に出会わせてもらって、すごく感謝しています。これからも人の出会いを大切にして成長していきます。

見えない世界もいいものだよ!!



<ドラムつながりの関連記事>
にゃんごすたー:ドラマーのゆるキャラの中の人の正体が判明!名前の由来は?
むらたたむ  :本名や大学と身長は?にゃんごすたーとの紅演奏動画

Sponsored Links
Sponsored Links