犬の目ヤニは、まばたきすることで目の中の汚れやゴミなどの老廃物を排出する働きをしています。

健康な犬でも寝ている間はまばたきの数が減るため、寝起きに目やにが付いていることはよくあります。

そこで目やにの原因や症状と予防対策、お手入れ方法やケアについてご紹介します。

目やにが目立ってしまう時には、目に何らかの原因や病気がある場合があります。

目やにの症状や原因を知り、病気や症状を予防していきましょう。

スポンサーリンク


◆犬の目やにの原因や症状と予防対策

①細菌、ウイルスなどによる炎症




●原因
目やにがでる主な原因として、細菌やウイルスなどによる炎症(結膜炎や角膜炎など)があります。

目にゴミが入ってしまったり、シャンプーが入ってしまったりすることも、炎症を起こしてしまう原因の一つです。

●症状
黄色や黄緑っぽい目やにが出てしまい、目をしょぼしょぼさせることが多いです。

片目だけに症状がでることもあり、充血とともに痒みや痛み、腫れ上がることもあります。

細菌などの感染から腫れ上がる麦粒腫の症状が出ることもあります。

いわゆる「ものもらい」の症状です。

●予防対策
目薬などで治療が可能です。

予防対策としては普段から清潔に保ってあげることが大切です。

②アレルギー




●原因
アレルギーが原因の場合があります。
季節的なものであれば人間と同じ花粉症のような場合もありますが、食事やノミダニなどが原因の場合もあります。
●症状
かゆみや充血から結膜炎などの炎症を起こしてしまうことがあります。

●予防対策
アレルギー物質を突き止めるために、アレルギー検査なども有効な方法です。
目薬や飲み薬などで軽減することができますが、食事を変えてみたり、生活環境を整えてあげるなどの対処で改善できる場合もあります。

③傷




●原因
傷が原因の場合があります。
何かにぶつけてしまったり、まつ毛や目元の毛の伸びすぎなどによって、眼球が自然と傷がついてしまう場合があります。

●症状
目やにと共に、充血や涙も増えることがあります。
痛みを感じている場合、しきりに気にしてしまい爪でさらに傷つけてしまいうこともあります。

●予防対策
トイプードルなどの目元の毛が伸びる犬種の場合は、こまめにカットして予防してあげることが大切です。
目薬などで治療が可能な場合もあるので、早めに獣医さんに相談しエリザベスカラーなどをうまく利用してあげるのも方法の一つです。


スポンサーリンク


◆目やにのお手入れ方法やケアについて




目はとても繊細な部分なので丁寧なケアが必要です。

硬く毛に絡まってしまっているような目やには、ガーゼやコットンをぬるま湯などで湿らせふやかしながら取ってあげます。

毛に絡まっている目やにの根元をふやかしてあげれば、コームですんなり取れるので無理やり引っ張らないようにしてあげましょう。

黄緑っぽい目やにが溜まってしまっている場合には、ガーゼやティッシュを折った角を使い、吸い取るように取ってあげます。

眼球に直接触れないよう、注意してあげましょう。

目やにの原因によっては目薬などの治療が必要な場合もあるので、獣医さんへ必ずお手入れの方法についても相談をしてください。

◆まとめ

病気や異常がない場合でも、目やにや涙を放置してしまうと、被毛の色が変わってしまい涙やけのようになってしまうこともあります。

また、シーズーやチワワ、パグなどの目が少し出ている犬種は、目に傷がつきやすかったり、ゴミが入りやすかったりすることもあります。

大きな病気の早期発見のためにも、毎日のお手入れは欠かさないようにしてあげましょう。


<関連記事>
犬の病気やケガの料金や治療費は?ペット保険には加入した方がいい?
犬がストレスを感じる時やサインとは?発散方法や解消グッズを紹介

Sponsored Links
Sponsored Links