愛犬にはいつまでも元気で長生きしてほしいですよね。

家族の一員である愛犬のドッグフードについて調べてみました。

そこで、ドックフードの危険な原材料まとめ!犬に与えると危険な食べ物についてご紹介します。

実はドッグフードには危険なものがいっぱいでした。

驚愕の事実です!!



新規バナー

◆ドックフードの危険な原材料とは?

ドッグフードを買う時に、パッケージにある原材料の表示を見たことがありますか?
こんなのです。↓↓




ま、間違えました。

こんなのです。↓↓


ドッグフード原材料の表示


これは、

「このドックフードはこんな原材料で作っていますよ」と教えてくれています。

あなたの愛犬のドッグフードに危険な原材料が入っていないか確認してみてください!

それでは一緒にチェックしていきましょう。

◆ドッグフードの危険な原材料①添加物

ちわわとドッグフード


ドッグフードの危険な原材料として、まずは、人間も食べたくない添加物をご紹介します。

添加物とは、保存料・着色料・酸化防止剤・保湿剤などです。

あなたの愛犬のドッグフードに以下のような名前の項目があれば、危険なものを食べさせているかもしれません。

一度チェックしてみましょう。



ソルビン酸カリウム

いわゆる保存料です。

・細菌やカビの発生・増殖を抑える働きがあります。

・腐敗防止として多くの食品に使われる保存料です。

生きているペットからカビが生えたり、腐ったりしないので、なるべく保存料の入ったドッグフードは避けたいですね。

赤102、青2、黄4、黄5

いわゆる着色料です。

・食用タール色素の添加物で、合成着色料の一種です。

北欧ではアレルギーが起こるため、人への使用が禁止されているのに対して、日本ではいまだに11種類もの食用使用がOKになっています。
 
人が食べないものを、愛犬には食べさせたくはないものです。

二酸化チタン

いわゆる添加物です。

・添加物で、食品を白くする働きがあります。

二酸化チタンは、ホワイトチーズ・マシュマロ・ホワイトチョコレートなどに使われて、発がん性、アルツハイマー、不妊の原因として危険性を指摘されています。

ホワイトチョコレートにも添加物が入っていたのですね。

しかし、もし、犬が添加物の二酸化チタンが入ったドッグフードを食べていたら、犬もガンの病気にかかるわけですよね。

酸化防止剤

酸化防止剤には、BHT、BHA、BHT、エトキシキン、没食子酸プロピル(もっしょくしさん)などの種類があります。

一体どのようなものなのでしょうか。


BHT:今までガソリン用の酸化防止剤として使用されていました。発がん性物質でもあるため危険です。

BHA:もともと石油用の酸化防止剤として使用されています。発がん性物質の疑いがあり危険です。

エトキシキン:酸化防止力が高く非常に安価です。毒性が強く、危険であるため人間用の食品で使うことは禁じられています。

没食子酸プロピル(もっしょくしさん):酸化防止力が非常に強く発がん性物質として確認されています。

プロピレングリコール(PG):食品の水分を保ち、菌の繁殖を抑える働きがあります。




悲しいことですが、何も知らずにこの添加物の入ったドッグフードを愛犬が毎日食べていたと考えると、病気やアレルギーがでてもおかしくはありません!



新規バナー

◆ドッグフードの危険な原材料②原料

ドッグフード原材料の表示

穀物の主原料

知っていますか?

ドッグフードのパッケージ表示には規則があって、ドッグフードに多く含まれている原材料順に記載されています。

つまり、先頭に記載されているほど原材料が多いのです。


しかし、表示の先頭が小麦やトウモロコシなどの「穀物」の場合、要注意です。

なぜなら、穀物がメインのドッグフードであるからです。


本来、犬は肉食動物です。

犬に必要なのは「穀物」ではなく「肉」(=動物性タンパク質)です。

つまり、犬は、チキン、ラム肉、鹿肉などの動物性タンパク質が主食であるのがいいのです。

トウモロコシは必要なものではありません。

トウモロコシや小麦などの「穀物」は、肉食動物の犬にとって消化が難しく、アレルギーを発症する恐れもあるため、ドッグフードに入っていない方が望ましいのです。

そのため、涙や目ヤニでアレルギーを放出し、涙やけの原因になりやすくなります。

肉の主原料

ドッグフードの裏には原材料が表示されています。

そこで、鹿肉、鶏肉、豚肉、牛肉など、原材料が何かわかるような表示だといいのですが、○○畜産副産物・○○ミール・○○エキス・○○パウダー・○○家畜肉・○○肉類など、あいまいな表現でぼかして良くわからない原材料の場合は要注意です。


それはなぜか?


実は、これらの表記は、4Dミートと呼ばれる危険な材料を使用している可能性があるからです。

4Dミートとは、次の「D」から始まる言葉を意味します。


・DEAD ・・・・ ( 死んだ )
・DYING ・・・ ( 死にかけていた )
・DISABLED・・ ( 障害のある )
・DISEASED ・・ ( 病気の )


当然ですが、人間の食品基準を満たしていないので人間が口にすることはありませんが、ペットフードやドッグフードに使われているのが現実です。

このような4Dミートを愛犬に食べさせているかもしれない現状を知らない人が多いのです。

一度、自分の愛犬のドッグフードの原材料を見てみましょう。

大豆ミール・脱脂大豆

大豆ミール、脱脂大豆とは、人間が大豆から必要な成分を搾り取った後の最後に残ったカスです。

本来は捨てられるはずのものですが、ドッグフードのコストを安く抑えるための「かさ増し」のために使用しているのです。

実は「鼓腸症」という病気を引き起こす可能性があります。

胃や腸に有害なガスがたまり、合併症として胃がねじれたり、破裂したりする場合がありので早期治療しないと危険だそうです。

ビートパルプ

ビートパルプ(ビート=大根、パルプ=繊維)とは、人間が甜菜テンサイ(別名:砂糖大根サトウダイコン)から成分を搾り取った後の最後に残ったカスです。

これも大豆ミールと同様、ドッグフードのコストを安く抑えるための「かさ増し」のために使用しているのです。

本来、肉食動物の犬にとっては、まったく必要のないものです。

また、犬にとってビートパルプ(食物繊維)は、消化しにくい材料です。

しかも、甜菜を抽出する際に使う薬品が残っているおそれがあり、これが危険なのです。

薬品の影響で慢性の便秘になりやすくさせるのです。

動物性油脂

ドッグフードを触るとべたつく脂がついていれば、それは動物性油脂です

動物性油脂は、病気や事故などの理由で死んでしまった動物(犬、猫、豚など)が廃肉処理されてできた肉骨粉からできた脂であり、酸化したり劣化しやすいです。

動物性油脂が酸化・劣化しやすいから保存料、着色料、酸化防止剤が使用されるのでとても危険なのです。

特に、酸化防止剤が使用されるという場合は最悪の状態のようです。

愛犬のドックフードはどうですか?

どうでしたか?驚きですよね。
この事実を知るまでは、ドッグフードはどこも同じだと思っていました。
今は、パッケージをよく見て購入するようになりましたよ。

ドッグフードは、愛犬が毎日食べる食事です。
ぜひ、安全なフード選びをしてくださいね!

◆犬に与えると危険な食べ物

ドッグフードについてみてきましたが、今度は犬に与えてはいけない食べ物を見てみましょう。

知らなかったこともあったので勉強になりました。

飼い主さんは必ず見てほしい内容です!


<危険度5★★★★★>
死亡の恐れ、命にかかわる危険な食べ物

ネギ、ニラ、ラッキョウ、玉ねぎ、コンソメ、ナス、じゃがいもの芽、キシリトール(ガム)、カカオ類(チョコレート、ココア)、人間のサプリ、ブドウ、レーズン、プルーン、アボガド、マカデミアンナッツ、アルコール


<危険度3★★★☆☆>
量や状況により危険度が高い食べ物

ニンニク、アワビ、スルメ、豚肉、硬い骨 、鳥の骨、カフェイン、キノコ、イーストのパン、梅、牛乳、はちみつ


<危険度1★☆☆☆☆>
食べ過ぎ注意の食べ物

消化に良くないもの、生卵、イカ・タコ・貝類、青身の魚、レバー、ナッツ類、ココナッツ、かんきつ類、ほうれん草、野菜類・おから、ハム、ウインナー

◆愛犬のドッグフード選びの基準!

dogfood


愛犬のためにドッグフードの選び方の基準をご紹介します!


◆無添加のものを選ぶ。
合成添加物、合成保存料、合成着色料、香料などが含まれていない天然由来の安全なドッグフードを選ぶ。


◆お肉が主原料のドッグフードがよい。
本来、犬は肉食動物である。そのため、食事は「高たんぱく低炭水化物」が理想である。
できるだけ新鮮なお肉が多く含まれる、お肉が主原料のドッグフードがよい。

◆グレインフリー(穀物不使用)のものを選ぶ。
犬は、短い消化器官を持つ動物であるため、穀物は消化が困難な食べ物となる。
特に、トウモロコシや小麦はアレルギー発症の原因になりやすい。

 

◆おススメのドッグフード




最後に、ドッグフード選びでお悩みの方におススメのドッグフードをご紹介します。

すでに、厳選されたドッグフードを販売されているので安心のドッグフードです。

そこで、今回おススメするドッグフードは、「Butch(ブッチ)」です。




比較サイト用




「Butch(ブッチ)」のドッグフードは環境規制が世界一厳しいニュージーランド産のものを使っています。

また、犬にとってアレルギーの原因となりやすい小麦粉、グルテン、イースト、人工調味料・香料、エトキシキン、プロピレン・グリコールなどの成分を一切含んでいないので本当に安心で安全です。

プロが認めるドッグフードです。



●「Butch(ブッチ)」の特徴

あれこれ、いいよと言っても何がいいのかわからないので、具体的な特徴を簡単にご紹介します。


・全犬種のオールステージ(全年齢対象)対応
・糖分無添加
・グルテンフリー
・イースト無添加
・人工調味料不使用
・香料無添加
・体にやさしい水分含有度が約70%
・高タンパク低脂肪で栄養バランス抜群!
・一般のドッグフードのカロリーよりも低い!
・自然由来の栄養素
・ヒューマングレードの原材料


我が家は多頭飼いなので、全犬種のオールステージ(全年齢対象)対応はありがたいです。

今まで、パピー用、成犬用と別々にドッグフードを購入していましたから。

また、自然由来で無添加なので本当に安心です。

このように、犬種や年齢を問わず、自然の生肉に近い状態のドッグフードのブッチは犬にとって消化によく体にやさしいのでほんとに安心して食べさせてあげられますよね。


病気になってしまうと、医療費が高くのしかかってきます。

いつまでも健康で元気で長生きと病気予防のためにもドッグフードはきちんと納得いくものでありたいですね。

●「Butch(ブッチ)」の口コミ評判

そんな「Butch(ブッチ)」ですが、食べ始めて変わった!という口コミ評判を集めてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

・ちょっと食べすぎてもお腹の調子を崩さない
・完食するようになった
・歯石も口臭もほとんど気にならない
・シニア犬でも白髪がなくなった
・体重が5.7kg→4.8kgになった
・毛のつやがよくなった
・毛の色が濃くなった
・下痢で夜中に起きることもなくなった
・栄養が体内でしっかり吸収されているのでウンチの量が減った
・もともとあまり水を飲まなくて硬い便だったが水分量も取れて便通が良くなり解消した

出典元:https://www.butch-japan.jp/voice 



我が家の犬は飽きやすい性格で、何種類かドッグフードを交互に与えています。

ドッグフードを2種類くらい混ぜて与えても、好きなものだけを食べてしまいます。

しかし、この「Butch(ブッチ)」だけは飽きません(笑)

食いつきもよく、食べっぷりも見ていて本当においしいんだなというのが伝わってきます。

●「Butch(ブッチ)」のトライアルセット

しかし、
いきなりドッグフードを切り替えるのも・・・
本当に食べるのか不安だ・・・
はじめてで、何を選ぼうか迷う・・・


そんな方には「Butch(ブッチ)」のトライアルセットをご紹介します。



なんと3種類の味を初回限定のお試し価格で、しかも送料無料で購入できます。

ロールミートの「Butch(ブッチ)」は、必要な量ほど切って冷蔵庫で保管できます。

トライアルセットの「Butch(ブッチ)」は1本800g。

3種類の味が楽しめて、お試し価格 4374円(税込み)→ 3000円(税込み)です。


なんと、1374円もお得!

しかも、うれしい送料無料

これで、また一つのドッグフードやおやつが購入できますよね。

さらに、特製フレッシュキャップ付き!です。


比較サイト用


・ブラックレーベル
→ベストセラーで一番人気商品です。お肉大好きなワンちゃんやどれを与えたらいいか迷っている方におすすめです!


・ホワイトレーベル
→赤み肉が苦手な方、ヒゲ焼けが気になる方におすすめです!


・ブルーレーベル
→魚の栄養も配合され、魚と肉のバランスが抜群なので普段摂取されていない方にはおすすめです!


「Butch(ブッチ)」トライアルセットを試してみる 


初回限定なので、まだ試されたことない方こそお得に購入してみてはいかがでしょうか。

◆まとめ

いかがでしたか?

ドッグフード1つでこのような驚きの事実がありましたよ。

愛犬家の皆さん、ドッグフードを購入するときは、よ~~くパッケージを見てくださいね!