小杉陽太(こすぎようた)さんは元DeNAのプロ野球投手ですが、戦力外通告から社長に転身したと話題です。

そこで小杉陽太の嫁(妻)や子供!会社の名前や場所とイベント情報についてまとめました。

小杉陽太さんの選手時代の成績や会社設立の理由、プロフィールについてもご紹介します。



スポンサーリンク


◆小杉陽太のプロフィール




名 前:小杉陽太
   (こすぎようた)
生年月日:1985年12月8日
年 齢:32歳(2017年1月時点)
出 身:東京都江東区
小学校:江東区立東陽小学校
  (野球部:東陽フェニックス)
中学校:江東区立深川第四中学校
  (野球部:江東ライオンズ)
高校:二松學舍大学附属高等学校
大学:亜細亜大学(中退)
身長:187cm
体重:78kg 
プロ入り:2008年・ドラフト5位
ポジション:投手
職業:JR東日本→元プロ野球投手→会社経営

◆小杉陽太のハーフ説

小杉陽太



小杉陽太さんははっきり言って、イケメンです。

そして187cmという、なんともうらやましいスタイル。

モデルでも行けそうですよね。

そんな小杉陽太さんですが、ハーフ説のうわさがあります。

そこで調べてみました。

一体どこの国ハーフなんだい?

・・・・・・・

結果、ハーフではない様子。

このような甘~~~い顔立ちなので、ハーフ説が浮上したと思われます。

というわけで、小杉陽太選手は、外国人の血が流れていそうなくらい甘いマスクのイケメン“ハーフ風”の選手でした。

◆小杉陽太の経歴や年俸



小杉陽太さんは、少年野球チーム「東陽フェニックス」に所属していた野球少年でした。

松坂大輔選手も所属していたそうですね。

中学生になると「江東ライオンズ」に移っています。


高校は、「二松學舍大学附属高等学校」に進学し、高校1年生の夏からベンチ入りするほど実力がありました。

高校2年生の春には甲子園に出場するも控え投手で終わっています。

大学は亜細亜大学に入学すると、1年生から背番号をつけて神宮マウンドに上がるくらいの実力がありましたが、退学してしまいます。


その後、2007年にJR東日本に入社するとブレイクします。2009年に横浜ベイスターズにドラフト5位で入団します。このとき契約金は5000万円、年俸は1000万円でした。

イケメン選手としてファンの間でも人気の投手だった小杉陽太さんは2009年から9年間プロ野球選手として活躍します。


しかし、2017年10月に突然の通告が。

それは、戦力外通告でした。


驚いたのは、小杉陽太さんが選んだ第二の人生は「野球」ではなく「起業」で再スタートしたことです。

なんと、戦力外通告を受けた翌月には、株式会社 l’unique(リュニック)を設立。プロ野球選手から代表取締役社長に転身しました。

そして、2017年12月現在、小杉陽太選手はかつて所属していた野球チーム「江東ライオンズ」のOBとしてピッチングアドバイザーにも就任し、野球教室で活躍中です。

◆小杉陽太のプロ野球選手時代の成績

 
2009年から9年間のプロ野球投手として活躍した成績は、6勝利9敗。登板86試合。

小杉陽太選手は、引退について「シーズン途中から気持ちの部分で戦えない感覚があり、準備を続けることができなくなっていました。今は、決断に対し、スッキリした気持ちです」とコメントしていました。


このコメントからも、もしかしたら。。。。なんて思っていたのでしょうね。

だから、戦力外通告を受けた翌月に会社を設立するほど準備できていたわけですね。

◆小杉陽太の嫁(妻)や子供

小杉陽太と妻(嫁)

www.sanspo.com/baseball/
images/081212/
bse0812121749002-p1.jpg

小杉陽太さんの妻は小杉真衣子(旧姓・石川真衣子)さんです。

岡山県出身の妻の小杉真衣子さんは、母親が岡山で経営するブライダルの貸衣装関係の仕事を手伝っていました。

なんと着付けもこなす、ブライダルや婚礼の専門家だそうです。


結婚当時は、小杉陽太さん23歳、妻の真衣子夫人は3歳年上の26歳の若さで2009年12月に都内のホテルで挙式後、2009年元日に入籍。

プロ野球入団発表にはすでに妻帯者で、しかも入団発表で家族として出席した奥さんを披露したのは異例だったそうですね。

野球選手はわりと結婚時期が早いですよね。
小杉陽太の結婚式

http://toyophoenix.jp/?day=20091207



やはり、健康面に気をつけないといけないので、独身でいるよりも奥さんにサポートしてもらう方がいいのでしょうね。

それにしても、仕事とはいえ、若い方で着付けができる人ってかっこいいですよね。管理人は、浴衣でさえ一人では無理です汗

そんな小杉陽太さんと妻の小杉真衣子との間には娘さんと息子さんがいます。小杉陽太さんが努める野球教室にも娘さんを連れてきているようですね。

美男美女のカップルですから、娘さんも息子くんもきっとかわいいでしょうね。

ところで、イケメン小杉陽太さんと妻の小杉真衣子さんですが、そもそもどうやって出会ったのでしょうか。二人の馴れ初めについてご紹介します。

◆小杉陽太と嫁(妻)との馴れ初め

JR東日本に在籍していた小杉陽太さんは、先輩の紹介で当時石川真衣子さんと出会います。

そうして2007年12月に交際に発展したそうです。

東京と岡山の遠距離恋愛を実らせて結婚したというわけです。


小杉陽太さんは「ずっとそばにいてほしい」とシンプルにプロポーズしたそうですよ。

しかもシチュエーションは遠距離恋愛ですから、シンプルに電話でのプロポーズ。

JR東日本からプロ野球選手としてドラフトが決まった後でした。


小杉陽太さんは遠距離恋愛だったからこそ、「結婚」を決めたのかもしれませんね。

もし、いつでも会える距離だったら結婚ももう少し先だった可能性もありますよ。

そう考えたら、会いたいときにすぐに会えないという、つらい遠距離恋愛も、結婚への近道だったかも。



スポンサーリンク


◆小杉陽太が転身した理由

スポーツ選手は、現役の時間は短く第二の人生も厳しいと聞きます。

だからこそ、小杉陽太さんは数年前から野球選手を引退した後のことについてビジネス書など読んで考えていました。

現役選手を引退すると、以前から構想中だったイベント会社を立ち上げ、社長に転身しました。


その会社を立ち上げたきっかけは、少年野球教室でした。

小杉陽太さんは、少年野球教室に指導者側として参加した時、すべての子どもたちを見る事ができませんでした。


そこに疑問に思ったのです。

「お客さんに自分にしかできない満足のできる体験を与えたい」

そうして実現したのがイベン会社の設立でした。

◆小杉陽太の会社の名前と場所

小杉陽太さんの会社は、株式会社 l’unique(リュニック)です。

代表取締役なので、つまり、社長です。


「 l’unique(リュニック)」はイタリア語で「たった一つの」「唯一無二」「比類のない」という意味です。

その場でしか味わえない体験をサービスしていくようですね。


小杉陽太さんの会社は、主にスポーツなどのイベント企画や制作、運営などを行って「コト」を作り上げていくイベント会社です。


会社名 :株式会社 l’unique
本社住所:東京都調布市小島町1-15-9
東京オフィス:東京都新宿区袋町24 岡田ビル2F
代表取締役:小杉陽太
TEL:03-5579-2736 


<本社地図>

◆小杉陽太の会社のイベント情報

小杉陽太さんが目指すイベント会社は、イベント参加者全員が満足いく体験を与えることです。

そのイベント企画が12月8日に早速ありました。


下園辰哉選手の「下園独壇場」というトークイベントです。

実は、下園辰哉選手は、小杉陽太さんのチームメイトで同じく2017年10月に戦力外通告を受けた元DeNAプロ野球選手です。

引退試合をすることなく引退されたので、ファンにとってはたまりませんよね。


そこで、小杉陽太さんは自身の会社が企画運営をして下園辰哉選手とのトークショーイベントを行ったのです。

当日は、100人も集まって満員御礼だったそうですね。


イベントでは、下園辰哉選手との記念撮影や質疑タイム、ファンとのふれあい時間で楽しむ時間を作っています。

これは、イベントに参加する下園辰哉選手もファンも、どちらも満足できて双方が喜んで楽しめますよね。


ナイスアイデアですね!

きっと、小杉陽太さんは人の気持ちのわかる優しい方なんだと思います。


今後のイベント情報は、ホームページやfacebookなどでお知らせされると思います。


<イベント情報>
HP:株式会社 l’unique
facebook:https://www.facebook.com/

#下園独壇場 #小杉陽太

ぴらふさん(@pi.ra.hu)がシェアした投稿 –

◆小杉陽太の年収

さて、プロ野球選手からイベント会社の社長に転身小杉陽太さんですが、年収はどのくらいあるのでしょうか。

一般的にイベント会社業界の平均年収は650万円のようです。


小杉陽太さんは社長ですが、まだイベント会社を立ち上げてばかり。

そのようなことから、会社立ち上げたばかりの小杉陽太さんの現在の年収は600~700万円くらいではないでしょうか。

もちろん、小杉陽太さんはプロ野球界で活躍されていたイケメン選手。知名度は抜群です。


これからぐんぐん伸びていけばさらにもっと稼いでいくと思います。

ちなみに、プロ野球選手時代の年俸は約1000万円でした。

すぐ現役時代の年収に追いつき追い越していかれると思います。


<関連記事>
伊藤義弘(ロッテ戦力外)の今現在と年俸は?結婚した嫁が気になる
西川健太郎 (中日戦力外)のトライアウト結果や今は?結婚した嫁が気になる


Sponsored Links
Sponsored Links