小田絵里香(おだえりか)さんは大手航空会社のCA(客室乗務員)から和倉温泉加賀屋の若女将になった方です。

情熱大陸で特集されます。

そこで小田絵里香(加賀屋旅館若女将)の年齢や旦那(夫)とプロフィール!感動的すぎるおもてなしについてまとめました。

和倉温泉加賀屋は能登半島の東側、石川県七尾市にある温泉旅館です。

皇室とのゆかりも深い加賀屋で「笑顔で気働き」をモットーにおもてなしの極意を守り続けているそうです。


スポンサーリンク


◆和倉温泉加賀屋とは

和倉温泉加賀屋



小田絵里香さんが若女将を努める和倉温泉旅館加賀屋とは、明治39年創業の老舗旅館です。


創業111年目、地上20階、多いには1日1000人の宿泊を受け入れる全国でも大型旅館です。


これまで、昭和天皇・皇后両陛下、今上天皇・皇后両陛下、皇太子殿下・雅子妃殿下などご定泊されている皇室とのゆかりも深い由緒ある旅館なのです。


全国の旅館業の中から選定される「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」において、36年続いた総合第1位を受賞


昨年は首位を逃すも再び日本一奪還の首位に返り咲きました。


海を望む露天風呂や宴会場、お食事処など併設された石川県和倉温泉加賀屋は、世界からも注目され常にトップクラスのおもてなしのサービスを提供している旅館です。


2010年には台湾に海外初進出しています。



住所:〒926-0192 石川県七尾市和倉町ヨ部80番地
予約電話:(0767)62-4111
代表電話:(0767)62-1111 


◆小田絵里香のプロフィールや年齢

小田絵里香 加賀屋若女将


名前:小田絵里香
よみ:おだえりか
生まれ年:1973年or1974年
年齢:44歳or43歳
出身:福岡県
前職:大手航空会社の客室乗務員(CA)
現在:和倉温泉加賀屋若女将


小田絵里香若女将は、福岡県出身です。


小田絵里香さんは、もともと大手航空会社の客室乗務員だったそうです。


加賀屋のホームページにANAの提携ページがありましたので、もしかしたら、ANAのCA客室乗務員だったかもしれませんね。


そうして、2004年に結婚し、嫁ぎ先の石川県和倉温泉加賀屋の若女将となりました。


小田絵里香若女将の年齢ですが、私の知人が同級生と言っていました。


その知人は2017年で44歳になる年です。早生まれなら43歳になると思います。

◆小田絵里香の気働き(おもてなし)

現在は加賀屋の若女将をしている小田絵里香さんですが、おもてなしや接客についての講演依頼が絶えません。


そうして、小田絵里香さんは若女将の仕事だけでなく講師やトークショーもされている人気の講師でもあります。


小田絵里香さんは旅館以外の講演依頼先でも「気働きのおもてなし」の心を忘れない方でした。


例えば、水仙(すいせん)の着物


小田絵里香若女将が地元福岡県の中村学園大学から講演依頼を引き受けた際には、水仙の柄の着物を着ていました。


なぜ「水仙(すいせん)の花」の着物なのか?


着物一つにしても小田絵里香若女将は手抜きをしません。


それは、中村学園女子高校の校章は水仙だからなのです。


小田絵里香若女将は相手に寄り添うかたちで、着物にそっと水仙の花柄の着物を取り入れていたのです。


中村学園は、小田絵里香若女将の実の母の出身大学でもあるそうですね。


加賀屋には建物の各階に花の名前が付いているそうですが、中村学園大学の校長が加賀屋に宿泊された際には、水仙の名前の付いた15階を案内されるくらいの心配りをしています。

◆小田絵里香の旦那(夫)

小田與之彦(おだよしひこ)

http://www.hoteresonline.com/articles/818



名前:小田與之彦(おだよしひこ)
生まれ年:1968年生まれ
年齢:49歳
出身:石川県
大学:慶應義塾大学商学部卒業。


小田絵里香の旦那(夫)の小田與之彦(おだよしひこ)さんは、加賀屋の5代目社長です。


小田與之彦氏は大学卒業後、大手総合商社の丸紅株式会社運輸部に4年間勤務。


その後、米国のシェラトン・ワイキキ・リゾートホテルでの勤務を経て、コーネル大学大学院ホテル経営学部に留学。


1999年に加賀屋に入社。
2007年から加賀屋の副社長に就任。
2008年には社団法人日本青年会議所全国会頭などの公務も歴任。
2014年より株式会社加賀屋代表取締役社長に就任し、現在に至ります。


小田絵里香の旦那は加賀屋5代目社長の小田與之彦(おだよしひこ)さんです。


2014年4月に加賀屋代表取締役社長に就任しました。

◆小田絵里香の結婚や子ども

小田絵里香さんは小田與之彦社長と2004に結婚しています。

もしかすると、出会いは飛行機だったのではないでしょうか。


小田絵里香さんが客室乗務員だった頃に二人が出会って結婚したという可能性が高いと思います。


そんなお二人ですが、結婚披露宴は、第一部と第二部の構成だったそうです。


第一部の披露宴では主賓は誰だと思います?




なななな なんと、




森喜朗元首相王貞治さんです。




他にどんな方が来られたのでしょうか。きっと豪華な顔ぶれだったことでしょうね。これだけでもどんなに豪華な結婚披露宴だったのかわかるような気がします。


そんな小田絵里香若女将と小田與之彦社長との間には娘さんと息子さんの子どもがいます。


息子さんの試合があれば和服姿のまま駆けつけて時間が許すまで応援するそうです。


娘さんと毎日来ている着物や帯の色を相談してすることが日課だそうですね


娘さんはのちにこの加賀屋を引き継いでいく女将になるかもしれませんね。


小田絵里香若女将と小田與之彦社長の第二子は2011年6月頃に出産されているので6歳くらいではないでしょうか。


スポンサーリンク


◆小田絵里香若女将の加賀屋のおもてなし

小田絵里香 加賀屋若女将


●サービス

サービスを提供する社員の教育指導も小田絵里香若女将のお仕事です。


昭和世代では背中を見て学ぶ人が多かったですが、平成世代ではマンツーマン指導を取り入れています。


加賀屋では、お客様から宿泊料をいただいてサービスを提供するプロとして、加賀屋の社員にはそれぞれのものさしで考えてそれぞれの担当部署で生かせるように訓練しています。


加賀屋社員の訓練とは、「ありません」「できません」「わかりません」とは言わずに、どうすればできるのか、うまくいくのかを考えることでした。


そのためには、社員はお客様の役に立ち、感動と満足感を引き出すことができるのかどうか、またお客様にとって必要なことかどうかを真剣勝負で考えていくことでした。


このように、常に相手の気持ちになって行動できる社員がいると、企業にとっては非常にレベルの高いサービスを提供できる集団になりますね。


だから加賀屋の評価は、いつも顧客満足度の高いトップクラスのおもてなし企業ってことなのですね。


このような気持ちで人に接していれば、社会のどこにいても上手くいくのではないでしょうか。

●ご意見やアンケート

若女将の小田絵里香さんは臭いものにふたをしない努力をしています。


加賀屋には、年間約 2 万人の人からご意見が届くそうです。1日にすると約50件以上。加賀屋に届くアンケートや意見のすべてに目を通しているそうです。


内容は、お客さまからのお礼や感謝、ご意見、クレームや不満など。それをすべて担当部署ごとに仕分けして報告し原因分析しています。


再び同じような問題を起こさないためにも何が必要なのかを考え、部署ごとで課題に取り組んで対応してスキルを図っています。


受験勉強やスポーツの世界、どこでも同じようなことが言えると思います。苦手なところを克服することで弱点がなくなります。


クレームや不満の声は誰でも見たくはないものです。そうしていつまでも臭いものにふたをしていては、成長がありません。


常にトップクラスの旅館でいる加賀屋の理由がわかりますね。

●気働きがモットーのおもてなし

加賀屋では多くて1000人のお客様が宿泊するそうです。その宿泊客に合わせたおもてなしをしています。


例えば、新聞。
読売旅行でのお客様には、地元の新聞と合わせて読売新聞に対応しています。


例えば、テレビ。
電気メーカーのお客様には、テレビなどのメーカーにも配慮するなどの心配りをしています。


例えば、お水。
のどが渇いたお客様には、冷たい氷水を出しますが、お薬を飲むお客様には氷水ではなく、常温のお水に切り替えるなどの対応をしています。


例えば、浴衣。
加賀屋では、お迎えから見送りまで担当者がずっとつきます。


お客様が部屋にたどりつくまでに浴衣を用意しますが、廊下を歩いている間に体格を見て判断します。実際に浴衣を着たお客さんは1cmの誤差もなかったと言っています。




このように、その場の状況に合わせて臨機応変に的確な判断を行い、お客様の最善のサービスをしています。


まさにホスピタリティの高い加賀屋ですよね。このように自然と相手を満足させる気遣いができる社員が多い加賀屋では、お迎えから見送りまでの担当者がつくそうです。


「またあの人を担当にしてほしい」と指名される客室係も多いそうですね。


加賀屋では、社員に長く働いてもらえるように、お客様だけでなく社員の満足度も引き出せるように努力を行っていました。

◆加賀屋の評判

小田絵里香 加賀屋若女将




・夜と朝のご飯の味が違っていたので聞いたところ、炊き方を変えているという気遣いに脱帽


・書き出しますといっぱい良いところがありますので、簡単に言うとかゆいところに手が届くサービスと感じました。


・ホスピタリティという言葉を心底から味わえる旅館です!


・よくある旅番組で見る仲居さんがずらりと並んでの出迎え。いざその宿に行くとチェックインカウンターにさえ誰もいないなんて宿がほとんどですが、流石、加賀屋はずらりと並んでのお出迎えで俺なんかにもったいないと思うほど素晴らしかったです。

出典元Facebook



和倉温泉加賀屋は、このように、すばらしいおもてなしをする旅館だと評判です。しかも、おもてなしに感動する人は日本人だけではありません。


口コミや評判では、日本だけでなく、中国人や英語圏の外国人からも評価を得ていました。さすがですねよね。

◆小田絵里香若女将の評判

・以前加賀屋で客室係をしてました(^O^)2年目位の時に若女将がお嫁に来られて色々縁があって同じ九州出身だったり、あの分け隔てなく接して下さる性格、人柄が大好きでした 。本当にお嫁に嫁いで来られた時から皆から好かれる人でした。出典元ameblo


・昔からスタイル良くて美人で頭も良くて性格気さくで。いつもすごいないいなぁと羨ましく感じてた彼女。今は凄く努力と頑張りを積み重ねてる彼女。

出典元Facebook

小田絵里香若女将は、お客様だけでなく、職場の人や職場と関係のない知人までもが評価するほどの人物のようですね。


たしかに、いろんなお客様を相手にいつも笑顔を絶やさずに写真に写っている姿がうかがえます。


24時間365日年中無休の若女将ですが、同じ女性として見習いたいと思います。

◆まとめ

このような努力をしている加賀屋での評判は素晴らしいものばかりでした。

人として見習うべきことがたくさんあり、加賀屋の旅館に行きたくなります。

こうして人を感動させ、また行きたいと思わせる加賀屋はすごいですね。

加賀屋では働く人のために保育園や寮も完備されています。

全国トップクラスの加賀屋旅館は、宿泊客だけでなく従業員まで満足度の高い行き届いた配慮をしていることがわかりますね。


Sponsored Links
Sponsored Links