犬のしつけは子犬のうちにしっかり教えたいものです。

ポイントを押さえれば子犬でも「おすわり」は簡単にできます。

繰り返し教えることで子犬は「おすわり」を覚えます。

そこで、子犬のおすわりのしつけ方の方法は?簡単な教え方や犬の基本トレーニングという内容でご紹介します。

愛犬との生活スタイルを楽しいものにしたいですね。

スポンサーリンク


◆子犬のしつけ「おすわり」とは




「おすわり」「お手」「おかわり」は犬のしつけでも一般的に多い動作です。

そのため、犬の芸の一部のように思われがちですが、実は飼い主と犬との信頼関係やコミュニケーションの証拠なのです。

しつけは犬に訓練や練習として苦痛を与えるのではなく、飼い主が犬と一緒に楽しみながら学習させるものです。

「おすわり」は犬に我慢させる、従わせるというよりも、人と犬が楽しく暮らす生活のための「我が家のルール」を一緒に作り上げていく過程で必要な犬のマナーとして教えると考えるといいでしょう。

また「おすわり」「すわれ」「すわりなさい」と同じことをバラバラな言葉で伝えるのはよくありません。

子犬が迷わないように家族内で指示語を統一してその言葉を使うようにしましょう。

◆子犬をほめる言葉




子犬をほめるときは、子犬が理解しやすいように、短めの言葉でほめます。

「いい子ね」「Goodグッド」など短めな言葉ではっきり伝わる言葉がいいでしょう。

そして、家族でしつけをするとき、「○○したらほめる」「○○したらダメ」などのルールを決めて統一しておきましょう。

家族でのルールがバラバラの場合、犬側からすれば同じことをしているのに人によって褒められるとき、そうでないときがあると迷ってしまいます。

家族のルールに例外はないようにしましょう。

スポンサーリンク


◆子犬のおすわりのしつけ方




①ご褒美のおやつを手に持ち、犬の鼻先に近づけます。犬に「飼い主がいいものを持っている」と興味をひかせます。

②手に注目したら、その手をゆっくり犬の鼻先から頭の方に向かってやや後ろに動かします。

③犬が見上げる体勢をすると、自然に腰を床におろします。お尻が床についた時に「いい子ね」「Goodグッド」などと言ってしっかりほめておやつをあげます。

④「③」ができるようになると、「おすわり」と言って誘導しながら、床にお尻がついたらその瞬間にしっかりほめてあげましょう。

⑤最後に飼い主を見上げて目と目があえば「OK」と言って動きだします。

◆子犬のおすわりの応用

おすわりができるようになると、色々なことに応用がききます。

信号待ちをする時、排泄物を処理する時など、おすわりをさせて落ち着かせたりします。

また、興奮を抑えたい時におすわりをさせて落ち着くまで待たせることで興奮がしずまります。

◆子犬のおすわりの注意点




「おすわり」をしてもらいたいときに「おすわりは?おすわりよ」「おすわり!おすわり!」など、連続して何度も言うのはやめましょう。

「おすわり」を何度も連呼してしまうと、犬は何を言っているのか聞き取れない場合があります。

また、「おすわり」ではなく「おすわりおすわりおすわり」という、「別の言葉」だと認識してしまいます。

さらには、怒られていると思う犬もいるかもしれません。

「おすわり」をしたい場合、愛犬の名前を呼び、犬と飼い主の目と目が合ったら、1回はっきり「おすわり」と言いましょう。そして少し待ちましょう。

そのようにしてしっかりと「おすわり」ができたらほめてコミュニケーションをとってあげましょう。


<関連記事>
子犬が甘噛みをする原因や理由と時期は?予防や対処法を紹介!
犬の断尾や断耳を行うのはなぜ?その理由や犬種と時期や費用も紹介!

Sponsored Links
Sponsored Links