ペット

トイプードルの毛の色の種類や性格の違い!サイズや特徴まとめ

トイプードルは犬種の中でも毛色の種類が豊富なため、飼う時にどの色にしようか迷ってしまうほどです。

そこで、トイプードルの毛の色の種類や性格の違い!サイズや特徴についてご紹介します。

トイプードルはサイズの違いもあれば、毛色によっての性格の違いがあります。

どんな子を家族に迎えるかを決めるときは、それぞれの特徴を参考にしてみるのもいいと思います。
 

 

トイプードルのサイズや種類


 
もともと、プードルにはJKC(ジャパンケンネルクラブ)に公認の犬種としてスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイのサイズがあります。

この最後にあるトイサイズが今一番人気のサイズ「トイプードル」です。
 
このトイプードルですが、トイプードルよりも小さいタイニープードルやティーカッププードルと呼ばれる種類も人気が出ています。

ティーカップに入ってしまうくらい小さい体でぬいぐるみのようにコロコロしている姿は、特に女性に人気が高いようです。
 
しかし、現在まだタイニープードルもティーカッププードルもJKC(ジャパンケンネルクラブ)に公認の犬種としては認められていません。

トイプードルの中でも、タイニープードルティーカッププードルのサイズは次のような目安があります。
 
成犬サイズが2〜3kgで、体高が23〜25cm程度の子がタイニープードルサイズ。

成犬サイズが2kg以下で、体高が20〜22cm程度の子がティーカッププードルサイズと呼ばれているようです。
 
成犬になって初めてどのサイズかが決まるため、ティーカッププードルと思っていても、思っていたより大きくなったなんてこともよくあります。

近年では安定した繁殖をしているブリーダーも増えてきているようですが、同じ兄弟でも成長に差があるため、親犬が小さいからといって子犬の段階で種類を確定するのは難しいと言えます。
 
プードルのサイズ
——————————-
【JKC公認】

<プードルのサイズ>

●スタンダードプードル
体重:16kg~25kg
体高:45cm~60cm
(プードルすべての種の大元)

●ミディアムプードル
体重は8kg~15kg
体高は35cm~45cm
(柴犬に近いサイズ)

●ミニチュアプードル
体重:5kg~8kg
体高:28cm~35cm
(日本であまり見かけないサイズ)

●トイプードル
体重:3kg~4kg程
体高:26cm~28cm
(一番人気のサイズ)

——————————-

【JKC非公認】

<トイプードルのサイズ目安>

●タイニープードル
成犬サイズ:2〜3kg
成犬体高 :23〜25cm程度

●ティーカッププードル
成犬サイズ:2kg以下
成犬体高 :20〜22cm程度
(ティーカップに入るサイズ)
——————————-

スポンサーリンク

トイプードルの毛の色の種類

JKCでは、トイプードルの毛色はきれいな一色であることが理想とされています。

ブラック、シルバー、ホワイト、クリーム、ブラウン、レッド、アプリコット、ブルー、シルバー・ベージュなどが認められている毛色です。

どの毛色も安定した人気があります。

特に日本では、レッドやアプリコットなどの茶色系の毛色が高い人気を誇っています。

認められてはいませんが、まれに二色以上の毛色を持つパーティカラーと呼ばれる子もいます。

 

 

トイプードルの毛色の性格や特徴

●毛色の性格の違いと特徴

明るく元気な性格を持つトイプードルは、毛色によっても性格の違いが見られます。

毛色の性格の違いと性格の特徴をご紹介します。

・ レッド・アプリコット

cherie…さん(@cherie.29)がシェアした投稿


 
「レッド」「アプリコット」は日本で圧倒的人気です。

人懐っこく陽気な性格。

少し我が強いためしつけには飼い主の我慢強さが必要ですが、穏やかな性格で比較的飼いやすいと言われています。

活発な性格でもあるため、子供のいる家庭にも向いています。
 

・ブラック

@hina8monaがシェアした投稿


 
「ブラック」は上品なイメージの犬です。

運動能力が高いですが、落ち着きがあり、しつけがしやすいとされています。

毛質が硬めで、少し体臭が気になる場合があります。

 

・ シルバー

@masamidori068がシェアした投稿


 
「シルバー」は成長とともに色の変わる犬です。

子犬の頃はほとんどブラックと変わらない色合いのシルバー。

少し神経質な気質もありますが、飼い主には従順な性格を持っています。
 

・ブラウン


 
「ブラウン」はチョコレートのような色の犬です。

マイペースで独自の世界観を持っているような性格です。

甘えるときは甘える、一人は一人で大丈夫と独立心が強いのも特徴です。

根気強さがしつけには必要ですが、やるときはきっちりやる性格なので教えがいがあります。
 

・ホワイト

norikoさん(@marin501)がシェアした投稿

 
「ホワイト」は、やはり真っ白で綺麗な犬です。

白いため汚れが目立ちやすく念入りなお手入れが必要な毛色です。

寂しがりやで甘えん坊ですが、遊ぶことも大好きな性格です。

スポンサーリンク

まとめ

毛色によっても性格の差がありますが、すべてが当てはまるわけではありません。

あくまでも傾向なので、全く違う性格の子もいます。

ただ、どの毛色のトイプードルも甘えん坊な性格を持っています。

甘えん坊だけど活発だったり、落ち着いていたりと性格の幅の広さもトイプードルの魅力の一つのようです。
 
<関連記事>
トイプードルの子犬の体重推移!成長の目安や正しい体重管理!
トイプードルの人気カットや種類!カットスタイル集
 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.